サン・マロの最後の晩餐

The last dinner at Saint Malo
Thursday 29.06.2017, the 41st day (6)
6月29日 木曜日 41日目(6)

P108037917.jpg
博物館から見える城塞島。
厚い壁に圧迫されそうな、牢獄のような博物館の中から出て、ホッとしました。すぐに、城壁の外に出る門があったので、外に出てみました。

P108038317.jpg
サン・マロの北東にある、一番賑やかな門。城壁内(アントラ・ミュロス)に入る門、サン・ヴァンサン門です。
壁の左側に、サン・マロの紋章、右側に、ブルターニュ公国の紋章が飾られています。

DSC0128617.jpg
昔のサン・ヴァンサン門。写真左側に門が見えます。

DSC0128217.jpg
門を出て左側に小さな公園があります。そこにあったメリーゴーラウンド(カルーゼル)。

DSC0128517.jpg
サン・ヴァンサン門の外から見た、「城壁内」。
喉が渇いたので、再び、サン・ヴァンサン門をくぐって、城壁内に入りました。

DSC0128717.jpg
サン・ヴァンサン門を入って、すぐ右に、綺麗なカフェ・レストランがあったので、そこに入ってビールを注文しました。
テラスに腰かけ、街の雰囲気を味わい、人の流れを見ているのに、最高の場所です。もう、明日、サン・マロを後にして、パリへ戻らなければなりません。いよいよ、旅の終わりです。

1ed4d148a8c2e263fdc6ac89e0d78c3317.jpg
Photo from the site of "saint-malo-tourisme".
写真は、観光案内所のサイトから拝借。Le Lion d'Or というカフェ・レストランです。
右手に、サン・ヴァンサン門が写っています。
夕食に、ホテルから、また出直すのは面倒です。近くに。テイクアウトの軽食屋さんがあったので、そこで、サンドイッチとビールを買っておきました。

DSC0129017.jpg
そして、城壁の外側を通って、ホテルへと戻りました。
城壁内に入るいくつかの門があります。これも、そのひとつ。

DSC0129117.jpg
更に、もうひとつの門。

P1080387 - copie 2
ホテルの部屋にて。
結局、さっき買ってきたサンドイッチが、サン・マロでの最後の食事となりました。

DSC0129217.jpg
パン一本分のサンドイッチを食べきれません。その半分を、ホテルの部屋の窓辺に置いておいたら、カモメが、見つけたのか、匂いで分かるのか、窓辺に飛んできました。どうせ食べきれないので、半分を窓枠の上に置いておいたら、すぐに咥えて、去って行きました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: カモメ

小紋さん、
コメント、ありがとうございます。
昔は、パリもウイーンも、というか、ヨーロッパの街はほとんどが、
このように城壁に囲まれた街だったのですね。
今(19世紀末?)は、邪魔になったので、取り払ってしまい、
環状道路になっているところが、ほとんどですが。
(パリはペリフェリック、ウイーンはリング。どちらも「環」という
意味が、その名残りです。)

カモメ

カモメさんも サンドイッチのにおいに
素敵な晩餐の予感がしたのでしょうね。
分け合って よかったですね。いたるところに 頑丈な門があって 
敵への備え 怠りないひしひしとした緊張感 伺えました。