サン・マロ歴史博物館

Musee d'Histoire de la Ville of Saint Malo
Thursday 29.06.2017, the 41st day (5)
6月29日 木曜日 41日目(5)

DSC0125417.jpg
サン・マロ城塞の北東の端に、歴史博物館があります。入ってみました。
ここは、サン・マロの市役所にもなっています。

DSC0125617.jpg
17世紀、フランス最大の港だったと言われるだけあって、展示の殆どが、海洋に関する物です。

DSC0125817.jpg
サン・マロの活躍を讃える絨毯(ひとつ上も)の一部。

DSC0125517.jpg
レネ・デュゲ・トルーアン Rene Duguay-Trouin (1673-1736) の像。サン・マロ生まれの私掠船船長。

DSC0125717.jpg
船首を飾る像(?)だったと思います。

DSC0126017.jpg
エメラルド海岸という名前の舟。

DSC0126117.jpg
カンカル博物館にも同じものがありました。二段ベッドだと思ったのですが、その正体や如何に?
追記:Wikipedia によれば、lis-clos (英語で、closed bed または、box-bed)。ベッドですが、戸棚のように見えます。また、服を収めるタンスとしても使われました。

Lit-clos171028a.png
ボックス・ベッド。ブルターニュ独特のもののようです。Photo from Wikipedia.

DSC0126217.jpg
船首を飾る像。

DSC0126417.jpg
サン・マロの絵。

DSC0126617.jpg
カナダの発見者と言われている、ジャック・カルチエ(1491-1557)の想像画。コロンブスのアメリカ大陸発見の一年後に生まれた人です。

DSC0127217.jpg
以下は、博物館の一番高い所からの眺めです。
ひときわ高い塔は、サン・ヴァンサン大聖堂のものです。

DSC0127317.jpg

DSC0127617.jpg

2005046017.jpg
この写真だけは、フランス観光開発機構のサイトから拝借したものです。
ひとつ上の写真と、ほぼ同じ場所を、空から撮った写真です。

DSC0127717.jpg

DSC0127917.jpg
エメラルド海岸。美しい海の色です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント