モン・サン・ミシェルは、ノルマンディーか、ブルターニュか?

Mont-Saint-Michel: Is it Norman or Breton?

DSC0083817.jpg
モン・サン・ミシェルに向かって、クエノンという川が、モン・サン・ミシェル湾に流れ込んでいます。この川が、ノルマンディー地方(川の東側)とブルターニュ地方(西側)の境になっています。
上掲の写真は、モン・サン・ミシェル(ラ・カゼルヌ)の観光案内所にあった、モン・サン・ミシェル付近の模型です。写真左側を流れているのがクエノン川です。モン・サン・ミシェルに向かって流れ込んでいるのが分かります。

!cid_ii_15ec0833a457ad3827a.jpg
ノルマンディーとブルターニュが、それぞれ自分の領土に、モン・サン・ミシェルを引っ張り込もうとしている絵はがき。
Explications trouvees sur sites internet:
"Le Mont St-Michel est situé à la frontière de ces deux régions, où Normands et Bretons prétendent chacun que le mont se trouve dans leur région. En fait, la frontière entre la Normandie et la Bretagne est un petit fleuve côtier, le Couesnon, dont le cours a souvent varié au cours des âges, au gré des grandes marées. "
「モン・サン・ミシェルは、ノルマンディーとブルターニュ、二つの地方の境い目にあります。昔から、この二つの地方は、モン・サン・ミシェルが自分たちのものだと主張し続けてきました。実際、ノルマンディーとブルターニュの境は、クエノンと言う、湾に流れ込む小さな川でしかありません。この川は、何世紀にもわたり、潮の流れによっては、その流れを変えてきました。」

P108016017b.jpg
モン・サン・ミシェルに向って蛇行する、クエノン川。
"C'est ainsi que, au temps du duché de Bretagne, le Couesnon mettait le Mont du côté breton. Mais en 1789, lorsque l'on créa les départements, le Couesnon avait changé de cours et le Mont se trouva dans le département de la Manche, un département normand. Le mont Saint-Michel est donc actuellement normand. "
「一時は、クエノン川が、モン・サン・ミシェルをブルターニュ側に抱え込んだ時もありました。しかし、1789年のフランス革命で、県制度が敷かれた当時、クエノン川はモン・サン・ミシェルの西側に流れを変えて、モン・サン・ミシェルをノルマンディー地方側にしてしまいました。そのために、現在は、モン・サン・ミシェルは、ノルマンディー地方(マンシュ県)のものになっています。」

P108015517b.jpg
モン・サン・ミシェル僧院から見下ろしたクエノン川の河口。
"Les Bretons se sont consolés en inventant un proverbe en forme d'alexandrin :
Le Couesnon dans sa folie a mis le mont en Normandie. "
「ブルターニュの人たちは、これを恨んで、次のような諺をつくって、悔しさを紛らしているということです。
ーあのクレージーなクエノン川が、山(モン)をノルマンディーのものにしてしまった。」

DSC0096417.jpg
モン・サン・ミシェルの西側に流れるクエノン川。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント