モン・サン・ミシェルのキャンプ場

Camping du Mont-Saint-Michel
Friday 23.06.2017, the 35th day (3)
6月23日 金曜日 35日目(3)

モン・サン・ミシェルの見物を終えて、キャンプ場に戻りました。
初めて、送迎バスに乗ってみました。ギューギュー詰めの満員です。他のお客さんは、終点の駐車場まで行くのか、途中で降りる人がいません。私は、終点の手前のホテルの集まっているところで、降ります。バスの出口まで出るのが、大変でした。
下の地図で、黄色の①がキャンプ場。一般駐車場は、地図下の枠外にあります。
src_15822011170924c.jpg

DSC0089317.jpg
バスは、スーパー(上掲地図の緑の②)の前で停まりました。キャンプ場で飲むつもりで、スーパーでビールと生ハムを買いました。
写真は、キャンプ場のレセプションのある、ホテル・ヴェール。上掲の地図で、青の③です。

P1080139 (2)
キャンプ場に戻りました。モン・サン・ミシェル見物で、すっかり疲れてしまいました。ビールを飲んで、昼寝です。

DSC0092817.jpg
キャンプ場には、大きなサニタリーがあります。
これは、サニタリーのトイレ・シャワー室。一般的に、キャンピング・カーには、トイレ・シャワー・炊事場が付いているので、キャンプ場のサニタリーは空(す)いています。

DSC0093017a.jpg
サニタリーの洗濯場。

DSC0093217.jpg
サニタリーの炊事場。
基本的に、ヨーロッパでは、野宿は禁止です。サニタリーを備えた、このようなキャンプ場に泊まることになります。テント持参で、一泊10ユーロ前後でしょうか。このモン・サン・ミシェルのキャンプ場は、一泊、9ユーロでした。

DSC0094617.jpg
さて、夕方になりました。食べることには、余り興味はないのですが、話の種に、おいしいと言われる羊の肉、「プレ・サレ」を本場で食べてみようと思いました。塩分を含んだ牧草を食べて育った羊肉のことです。
今までに、二回食事をしたレストラン、ラ・ロティスリー(上掲地図の赤い③)には、羊肉はありますが、プレ・サレではありません。
その向かいに、その名も、ル・プレ・サレというレストラン(写真)がありました。位置は、上掲地図の、赤い①。
ここなら間違いなくあるだろうと、中に入って見ました。
係りの人に、「予約はありますか?」と聞かれました。
「ありません」
「それでは、満員なので、駄目です。」
あっさり断られてしまいました。

DSC0093817.jpg
そこで、やむを得ず、いつものレストラン、ラ・ロティスリーへ。
そこのサラダ。

DSC0094017.jpg
プレ・サレではない羊肉の、コト・ダニョー。これでも十分においしい。

モン・サン・ミシェルも、これで最後の夜。テントに戻り、すっかり疲れて、眠ってしまいました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

やっぱり

小紋さん、
コメント、ありがとうございます。
骨付きにしてください。
札幌のサッポロビールの庭で飲食したジンギスカンとビールも
おいしかったです。

やっぱり

どこでも 予約した方が いいようですね。
なんであんなに 沢山の人が食べに行くのか?
自分も 行きますが・・・
食堂に勤めている時 羊の料理を見ました。
せいしきなおりょうりで だされますね。
今度 大きなスーパーに行ったら 羊肉探してみます。