モン・サン・ミシェルの道 アンデーヌの森を通って

Through Foret des Andaines, Tuesday 13.06.2017, the 25th day (1)
6月13日 火曜日 25日目(1) 

DSC0038017.jpg
朝食です。08:00に始まりました。
お膳立ては、ものものしいですが、要するに、パンとジュースとコーヒーだけです。

DSC0038117.jpg
朝食の後、鶴を折ってあげたら、大変、喜ばれました。
写真は、折鶴を手にするシャンブル・ドットのご主人。宿のリビングにて。

P1070797a.jpg
出発前に、シャンブル・ドットのマダムと別れを惜しむ。
ビーズ(頬と頬を互いに合わせる挨拶)はふつう、2回ですが、このマダムは、4回してくれました。

DSC0039117.jpg
今日も良い天気です。
ノルマンディーは、雨が多いので有名だそうです。心がけが良いのか、私の滞在中、2回しか、ポンチョを使いませんでした。

DSC0038717.jpg
再び、GR22 モン・サン・ミシェルの道に戻って、歩きはじめます。

DSC0039317.jpg
湖が出てきました。

DSC0039617.jpg
湖が姿を現しました。プチ・ジャールという湖 Etang du Petit Jard です。

DSC00397.jpg
この湖は、ル・フールノー・ド・ラ・ヴィーという場所です。

DSC0040117.jpg
道が悪くなってきました。

DSC0040317.jpg
麦畑。

DSC0040417.jpg
こうして、毎日、一日中、ほとんど人に出会わないで、歩いてゆきます。

DSC0040517.jpg
また、道の悪い所に出ました。

DSC0040617a.jpg
こうして、アンデーヌ国有大森林の中を歩いて行きました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

夕食

snooさん、
そうです、ジャムは手作りです。
夕食は、メインが、巨大な、但し、固いビフテキだったのだけは覚えています。

No title

食べ物に直ぐに反応する私ですが、素敵なテーブルセッティングですね♪
ジャムは手作りのように見えますし、こんなお洒落なおもてなしだとうれしくなります。
昨夜の夕食の写真がないのが残念です(笑)