モン・サン・ミシェルの道 フランスの田舎

Countryside of France
DSC0938617a.jpg今年、モン・サン・ミシェルの道を歩き終えて、帰国してから、フランスのものを読みたくなりました。最近、大仏次郎(1897-1973)の大作「パリ燃ゆ」(朝日選書)を、二十何年かぶりに、読み返しています。その最初の部分の「村の娘」の章で、パリ・コミューンで活躍した女性で、無政府主義者のルイズ・ミッシェル Louise Michel(1830-1905)の生い立ちを説明した部分があります。
そこに、私が、モン・サン・ミシェルの道を歩いて、毎日感じていた、フランスの田舎の情景を見事に言い表した部分がありました。紹介します。
「パリ燃ゆ」は、1960年代初めに描かれたもので、場所も、フランス東部ですが、情景は、今も、全く変わっていないと言っていいでしょう。
DSC0938317a.jpg
170820c.jpg
Louise Michel (1830-1905), born in Vroncourt-la-Cote, Haut-Marne.

DSC0997117a.jpg
170820a.jpg
DSC0999417a.jpg
Colonard-Corubert
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

年の功

好奇心さん、
私の歩き歴は、ほんの4年です。好奇心さんの経歴に比べたら足元にも及びません。
それでも、歩く喜びを知って、本当に良かったと思っています。
また自転車も始めようかなと思った時も、ありましたが、種々の理由から、
歩く道のある限り、もう戻らないでしょう。
頭以外の身体は、まだいけそうですが、欲は健康だけですね。

なんのなんの!ハイレベル!スギル!

早速お返事ありがとうございました。
一人遊びが子供の頃から習慣でした。
なのになぜかこの20数年を年々連れが増え、ヨーロッパの歩く大会に参加する旅をしばらく続けていました。一緒に連れて行ってと言われ簡単に引き受けて旅を続ける結果となりました。それでも最初の15年位は大きい歩く会でリーダーの経験者が多く随分と諸先輩から旅を学びました。近年は体力的思考回路も衰え3年前から大勢の旅を終了することができました。
huckさんのブログで旅を拝見するのと英語も学ばせていただいています。来年は高校のクラスメートと5年に一回の旅をします。それも最後いなるかも?わずか8名だけの女子でしたがこの歳になると各々いろんなことがあります。
また長くなりましたおやすみなさいZZZZzzz

Re: 低レベル?

> 好奇心さん、初めまして。
> コメント、ありがとうございました。
> 無心に遊ぶ子供のように、ただ、楽しみを求めているだけです。
> 至って、単純無邪気に遊んでいるだけなので、お恥ずかしいです。
> 少し、好奇心さんのブログを拝見させて貰いました。
> 来年、ヴェズレイの道、再来年は、銀の道かフランチジェーナの道を歩こうかと
> 考えています。その時、銀の道を参考にさせて貰います。
> 歳も病(やまい=アルチュー)も似ています。同病相哀れむで、
> 今後とも、宜しくお願いします。
リンクさせて貰いました。

レベルが違いすぎる!

初めまして!今年70歳を迎えたあるき人です。
Orbigo橋の検索でこのサイトに出会いました。
うん!同じような人がいる!と思いました。でもレベルが違いすぎると言うのが私の感想です。旅は30年以上続けています。ヨーロッパが多いです。12年前還暦のセルフイベントでSantiagoに向かって歩きました。。フランス、北の道、プリミティブ型プリミティブーボ、ポルトガルの道、銀の道等を歩きました。今年は70歳の記念で再びフランスの道を少し歩きました。10年前に知り合った獣医さんの奥さんと5年前にいっしょにあるこうと約束しました。
長くなり過ぎそうです、私のレベルと段違いのhuckさんのブログを拝見して感激しています。あまりに多いので少しづつ拝見していきます。