モン・サン・ミシェルの道 シャトーと空腹

Chateau and hunger, Monday 05.06.2017, the 17th day (1)
6月5日 月曜日 17日目(1)

DSC0991517.jpg
モンリジョンのノートルダム大聖堂。
朝起きて、部屋の窓から外を眺めると、見事な快晴です。よしッ。

DSC0993117b.jpg
モンリジョンのノートルダムのマーク

170817a.jpg
沿道の宿その他の、「モン・サン・ミシェルの道」への無関心を反映してか、順礼スタンプも、普通の社印のような、味気ない文字だけのものです。ここのものだけは、大聖堂のマークを使っています。

DSC0991717.jpg
朝食は、昨夕のメンバーと同じテーブルでした。
夕食は質素でしたが、朝食も質素でした。パンも古くてまずそうだったので、食欲がわかず、リンゴ一個しか、食べませんでした。
これが、神ならぬ身の知る由もない、大誤算!
ガイドブックを見ると、今日の行程では、途中でも、今晩の宿でも、食べ物にありつけません。

DSC0992017.jpg
なにかホッとする階段。

昨日、大聖堂脇に、エピセリー(食料雑貨屋さん)があったのを見て知っていたので、安心していました。
出がけに、そこで、食料品を調達するつもりでいました。ところが、後で知ったところによると、この日は、聖霊降臨祭の翌日の月曜日ということで、休日です。
エピセリーも当然、閉店!!!!!
今日の食料の調達ができなくなりました。目の前が真っ暗になりました。
結局、この日、腹に収まったのは、この朝食だけ。
リンゴ一個、ドンブリ一杯のコーヒー、リンゴ・ジュース。それに糖尿病の薬だけです。

DSC0991817.jpg
ノルマン人の未来(?)食堂の壁に貼ってありました。

DSC0992317.jpg
バラの花の下での語らい。大聖堂前広場にて。
この時は、エピセリーが閉店だとは知らぬが仏。まだ、こんなロマンチックなタイトルを考えながら、写真を写している余裕がありました・・・

DSC0993517.jpg
そのあと、すぐに、エピセリーが閉店だと知りました。がっかりして、大聖堂裏手のGR22を登ってゆきます。

DSC0993617.jpg
文字通り、あとは、野となれ、山となれです。
大森林があるばかり。

DSC0993817.jpg
この大森林は、昨日歩いてきた、レノ・ヴァルデュー国有大森林の続きです。

DSC0994217.jpg
大木に描かれたGRのマーク。

DSC0994417.jpg

DSC0994817.jpg
細い木に描かれたGRのマーク。

DSC0995017.jpg
途中で、手入れの良い立派なシャトーがありました。

DSC0995117.jpg

DSC0995217.jpg
シャトーの付属教会(?)

DSC0995317.jpg
教会の壁の十字架。

DSC0995417.jpg
シャトーの前を通る、真っ直ぐな道の向こうから、車がライトを点けて、ゆっくりとやってきました。なにか、映画のワン・シーンを見ているよう。

DSC0995517.jpg
メゾン・モジ Maison-Maugis という場所。おそらく、これがシャトーの名前でしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: 空腹!

小紋さん、
食べるのに余り興味のない私でも、
今回は食料入手のことをよく考えていました。
6キロ痩せて返ってきましたヨ。

空腹!

それはかわいそうでしたね
無事日本に帰ってこられてよかった!
台湾は 安い食べ物がいっぱいで 
食べすぎないようにセーブしていました。
フランスが 広い土地あると よくわかります。