モン・サン・ミシェルの道 ラ・シャペル・モンリジョンへ

To La Chapelle-Montligeon, Sunday 04.06.2017, the 16th day (1)
6月4日 日曜日 16日目(1)

DSC0985017.jpg
キャンプ場の朝。
今朝の明け方は、寒くて眠られませんでした。陽が昇ってから、2,3時間ウトウトしただけです。
それでも、天気は上々。
きょうは、ラ・シャペル・モンリジョン La Chapelle Montligeon という町を目指します。
きょう、そこで、骨董市があるとのことで、キャンプ場の夫婦も、
「私たちも、モンリジョンの骨董市に、今日、行きます。」
と嬉しそうに話していました。
「それでは、モンリジョンで、また会いましょう」
と言って分かれてきました。

DSC0985417.jpg
キャンプ場を出ると、すぐに、森の中に入ります。
このあたりは、ヴァルデューという地名です。

DSC0986017.jpg
ガイドブックを見ると、今日一日中、このレノ・ヴァルデュー国有森林の中を歩くことになっています。

DSC0985617.jpg
ヴァル・デュー修道院の正門。

DSC0985517.jpg
現在、この修道院は、正門付近の建物しか残っていません。1769年という年代が読めますが、当時は、相当な規模の修道院だったことでしょう。

DSC0985717.jpg
修道院正門上にある聖母子像。

DSC0985817.jpg
正門前の湖。

DSC0986417ab.jpg
この森の中は、修道院関係が多いのか、その関係の標識が、目立ちました。

DSC0986217.jpg
森の中。

DSC0986917.jpg
すり寄ってくるネコ。

DSC0987417.jpg
木の塊(かたまり)というような太い根本。

DSC0987517.jpg
今日のところは、GR22 の標識に、素直に従って・・・

DSC0987817.jpg
そうこうするうちに、オオッと驚くような、バカデカイ教会が見えてきました。これが、きょうの目標、ラ・シャペル・モンリジョンのノートルダム大聖堂です。

DSC0989517.jpg
モンリジョンの村に入ると、キャンプ場の女将さんが言っていた通り、村中で、骨董市が開かれています。

DSC0989717.jpg
ざっと見た感じでは、骨董市というよりも、ガラクタ市です。

DSC0989617.jpg
骨董市の間を、ブラブラ歩きながら、ノートルダム大聖堂へ向かいました。

DSC0990017.jpg
ひと息ついた、カフェの主人夫婦(?)。
私も、ここで、プレッシヨン(生ビール)を一杯飲んで、ひと息。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント