悪い知らせ

2017年4月3日

私の「のんびり歩くヨーロッパ」の航空券は、「格安海外航空券のフリーバード」で予約・購入しています。
今年の往路の便は、スカンジナビア航空で、次の通りです。
300px-Scandinavian_Airlines_logo_svg.png

5月下旬のある日
11:10 成田発
15:30 コペンハーゲン着
同日
17:00 コペンハーゲン発
18:55 パリ着

先日、フリーバードから「重要なお知らせ」ということで、メールが入りました。
またか?と嫌な予感がしました。
というのは、昨年2016年にも、同じように、予約後に「重要なお知らせ」という連絡が入りました。
「予約していたトルコ航空のサンティアゴ・デ・コンポステラ発ビルバオ行きのフライトがキャンセルになりました。サンティアゴ空港からの便はなくなりましたので、ビルバオ空港かマドリッド空港に変えて下さい。」と言うのです。
と簡単に言うけれど、サンティアゴからビルバオまでは、約450キロ、マドリッドまでは、約600キロもあります。折角、サンティアゴからのフライトで、簡単に帰国できると思っていたのが、駄目になってしまいました。やむを得ず、サンティアゴから、陸路で、どちらかの空港に移動しなければなりません。ビルバオより、マドリッドのほうが、交通の便がよさそうです。サンティアゴからマドリッドまで、電車で行き、マドリッドからのフライトで帰国しました。
いやな予感がしたのは、こんな経緯があるからです。

今回のメールを読むと、やはり、フライト変更の知らせです。
「往路乗り継ぎの、コペンハーゲン発パリ行きのフライトが早まりました。そのため、乗り換えが間に合わなくなりました。(次の通り)翌朝の便に変えてください。」というものでした。フリーバードに電話して、コペンハーゲンで一泊しないで済むような、もっと遅い便がないのか尋ねましたが、案の定、無いとのことです。やむを得ず、翌朝のフライトに変更するのを了承しました。

5月下旬の当初予定日
11:10 成田発
15:30 コペンハーゲン着(泊)
翌日
08:25 コペンハーゲン発
10:20 パリ着

このために、パリ到着が一日遅れます。パリの宿一泊分を無駄にして、コペンハーゲンの宿を一泊予約しなければなりません。パリの宿は、返金不可で料金は支払い済みです。幸い、パリの宿は、一泊33ユーロの安宿なので、被害はたいして大きくありません。
それよりも、もっと大きな問題は、パリから先、約1週間分のホテルを予約済みです。その変更はできません。パリ滞在が一日短くなった分、パリをもう一泊延長するわけにはいきません。
そして、パリ市内の巡礼が、フルに一日歩けるはずが、半日になってしまいました。モン・サン・ミシェルの道第1日目のルート、ほぼパリ東端にある宿⇒サン・ミシェル広場⇒ノートルダム大聖堂⇒パリ西端のバラール広場までの巡礼路は、諦めざるを得ません。
そんなことを考えていたら、フリーバードから今度は電話がありました。更に悪い知らせか?と電話を取ったら、今度はこんな提案でした。
「さきほどのコペンハーゲンからパリへの便は、満席で予約ができません。(次の通り)日本発の便を一日早めることはできませんか?そうすれば、翌朝乗り継ぎの便にも乗ることができます。」

当初予定日の前日
11:10 成田発
15:30 コペンハーゲン着(泊)
当初の予定日
08:25 コペンハーゲン発
10:20 パリ着

日本発を一日早めることは構わないので、フリーバードには、これで、了承する旨、伝えました。

800px-Copenhagen-Airport-from-air.jpg
コペンハーゲン(カストルップ)空港付近の航空写真。wikipediaより。

これだと、パリの宿を、一日キャンセルして無駄にする必要もありません。かつ、当初、パリ滞在の時間が、丸一日だったのが、最初の変更では、半日になり、これが最大の問題と思っていたのが、今度の変更では、一日半となり、パリ滞在に余裕ができました。時間には余裕があるので、こちらのほうが、良くなりました。

コペンハーゲン行きが、一日早まって、翌日のパリ行きを待つため、コペンハーゲンに一泊しなければなりません。あとは、余計に負担となる、コペンハーゲン一泊分の費用がどれだけかということです。
ホテルの予約を booking.com で調べました。幸い、空港の近くに、一泊、3,254円のドミトリー(相部屋)が見つかりました。Danhostel Copenhagen Amager という宿です。あとは、空港・ホステル間の交通費が発生しますが、これで、費用的にも、大きな負担はなさそうです。結果的に、今回の変更は、大きな被害はなくなりました。急ぐ旅でもないし、時間はたっぷりあるしで、逆に余裕ができたと考えれば、考えられなくもありません。
コペンハーゲンは、1973年に初めて長期海外出張したときに、関連会社があった関係で、たびたび訪れたところです。東京国際空港を成田というように、コペンハーゲン空港を、カストルップといいます。コペンハーゲンのホテルを探しているときに、その名前を目にして、懐かしく思い出しました。
ふと、「世界三大がっかり名所」のひとつ、あの人魚姫の像を見たときのことが思い出されました。初めて飛行機に乗って、初めてヨーロッパを訪れた、遠い遠い想い出がよみがえります。コペンハーゲン、15:30着であれば、時間がありそうです。もう、40年以上も会っていません。是非再会したいものと、希望が湧きあがりました。

aCopenhagen_-_the_little_mermaid_statue_-_2013.jpg
ブラッセルの小便小僧、シンガポールのマーライオンと並んで、「世界三大がっかり名所」のひとつ、コペンハーゲンの人魚姫。写真は、wikipediaより。

それにしても、航空会社の突然のフライトの一方的変更には困ったものです。購入条件に、なにか、そのような条項が含まれているのでしょうが・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: どきっ

おくのさん、
こんにちは。
今回のは、結果的には、良かったと思っています。
乗り継ぎ時間が短いのは、ハラハラしますね、荷物どころか、
本人が間に合わなくなりそうで、空港内を走ったりして・・・
本人が間に合ったので、ホッとしていたら、着いた空港で、荷物が出て来なかったりして・・・
ハプニングもまた楽しからずや、と旅をエンジョイしてきてください。


> こんにちはHuckさん。
> いやー、焦りましたね!!
> 私なら外国語が不自由なのでパニックになっていたでしょう。
> でも、無事に落ち着くところに落ち着けてよかったですね。
>
> 私もマドリッド空港に到着後、長距離電車と安ホテル2つを予約済みなので、アクシデントがないことを祈るばかりです。
> 乗継時間が少ないので荷物がロストしたらどうしようというのが最大の心配事です。
> Huckさんのはそれどころじゃなかったですね。
> おー怖っ!
>
> 私の出発も20日後となり、少しドキドキしています。
> さらに近づくと何か忘れ物がなかったかと心配になりだすのではないかと。

ハプニング

>小紋さん、
ハプニングも楽しいのとそうでないのとありますが、
航空会社のものは、楽しくないもののほうが多いようです。
たまに、座席のグレードアップなどがありますが。
何事も楽しんで頂けたら結構です。

どきっ

こんにちはHuckさん。
いやー、焦りましたね!!
私なら外国語が不自由なのでパニックになっていたでしょう。
でも、無事に落ち着くところに落ち着けてよかったですね。

私もマドリッド空港に到着後、長距離電車と安ホテル2つを予約済みなので、アクシデントがないことを祈るばかりです。
乗継時間が少ないので荷物がロストしたらどうしようというのが最大の心配事です。
Huckさんのはそれどころじゃなかったですね。
おー怖っ!

私の出発も20日後となり、少しドキドキしています。
さらに近づくと何か忘れ物がなかったかと心配になりだすのではないかと。

すごいです

計画は変えざるを得ないものの
次々起こるハプニングにも 対応してさすがです。
今のところ よーろっぱをあるくなんんて 夢のような話なので 
感心して  楽しく(ごめんなさい) 読んでいます。

Re: SASって・・

パルファン光さん、
コペンで一泊。面倒は面倒ですが、コペン見物できるし、パリ滞在も長くなったので、ルートの予備調査する時間もできたと思えば、むしろ良かったかと思うようにしました。コペン乗り換え便に乗るために、早起きしなければばらないのだけが、ちょっと嫌ですが・・・

コペンでバイク

ヨッシーバイクさん、
エールフランスのエコノミーと同額で、SASのプレミアムエコノミーが買えました。やっぱり、エールフランスでダイレクトのほうが良かったか?
デンマーク第二の町オーホスというところに子会社があり、コペンにはよく行きましたが、40年以上も前のこととて、天気のことは残念ながら覚えていません。ただ、アムステルダムの5月(2008年)は寒く無かったですが、ヘルシンキの5月(1974年)は寒かった!という記憶はあります。

SASって・・

前回といいSASはよくあるのですね。結構早くコペンに着くのに当日乗り継ぎが出来ないとは!でも、一日プラスしてパリは予定通りなんですね!

No title

格安航空券なので、仕方ないのかも知れませんが迷惑な話です。最悪は免れて良かったですね!

コペンは自転車が走りやすいけど、5月では寒いですかね??