モン・サン・ミシェルへの道 沿道の宿

Accommodation on the chemin vers le Mont-Saint-Michel
02.02.2017

宿について、
サンティアゴ巡礼の道の場合、
フランスでは、ジット・デタップ、
スペインやポルトガルであれば、アルベルゲ
という巡礼向けの安い宿があります。
モン・サン・ミシェルへの道をパリから出発してから、どのような宿があるのか?具体的に、ガイドブックの宿のリストに当たってみました。
モン・サン・ミシェルへの道の場合も、一応、巡礼の道なので、同じように安い巡礼宿(ジット)があることにはあります。しかし、パリをスタートしてから、初めの100キロ余りは、ジット・デタップがなく、殆どは、ホテルだけになります。
いつもなら、自由気ままに歩けるように、日本から到着した直後以外、宿の予約はしないことにしています。しかし、モン・サン・ミシェルへの道の場合は、「サンティアゴの道」とは、勝手が違うようです。できるだけ「道」に近い、早期割引・最安値の宿を、今から予約しておくことにしました。
その結果、次の通りになりました。
歩きはじめは特に、余りたくさん歩かないように、一日10キロから15キロとして、歩く距離に余裕を見ています。

第1日目 パリ: Young and Happy Hostel & Budget Hotel, rue Mouffetard。一泊、32.91ユーロ。ここは、5人の相部屋です。
第2日目 パリ: 同上
Marché_de_la_rue_Mouffetard_en_1896
パリで泊まる宿のある、ムフタール街の市場。1896年。(写真は、wikipediaより)。
ムフタール街は、wikipediaによれば、「多くのレストランやカフェ、市場があり、パリで最もにぎわう地域のひとつ。・・・サント・ジュヌヴィエーヴ山の上にあったおかげで、オスマン男爵のパリ改造で造り替えることなく、昔の面影を残している」そうです。

第3日目 シャヴィル: Hotel Companille Paris Ouest, Chaville。 一泊、38.50ユーロ。ここから以下は、通常のホテル。
第4日目 ヴェルサイユ: Hotel Versailles Chantiers。 一泊、81ユーロ。
第5日目 ヴェルサイユ: 同上
Map_of_Versailles_in_1789_by_William_R_Shepherd_(died_1934).jpg
1789年(フランス革命の年)のヴェルサイユ地図(wikipedia より)。
1980年代にパリに住んでいたことがあります。そのとき、よくヴェルサイユに遊びにゆきました。今回は、ヴェルサイユに二泊の予定です。宮殿よりも、マリー・アントワネットが、ルイ16世から贈られたというプチ・トリアノン宮と、それに付属する、田舎を擬した「村落」(地図の上部中央より、やや左側にある薄緑色の部分)などのある庭を、三十年ぶりに、ゆっくり散策してみたいと思っています。

第6日目 サン・シール・レコール: Hotel Ibis Budget Versailles Chateau, St-Cyr-l'Ecole。一泊、36.80ユーロ。
第7日目 プレジール: HotelF1 Plaisir。 一泊、21.75ユーロ。

こうして、最初の一週間分の宿は、予約済みです。それから先は、なんとかなるだろうと、予約なしでやってみるつもりです。

ホテルの予約をしてしまったあとで、気が付いたことがあります。
少なくとも、サン・シール・レコールまでは、モン・サン・ミシェルへの道に沿って、メトロの他に、RER C7号線という、パリ近郊鉄道が走っています。幸い、パリには、ユースホステルや、上記のような安いホステルがあります。最初の何日かは、パリに泊まって、メトロやRERを活用し、荷物なしで出かけて歩き、再び、RERでパリの宿まで戻ってくる、という手があったかもしれません。これから、歩こうという方は、これも選択肢に入れておいたほうがよいでしょう。
私の場合は、予約をしてしまったので、もう間に合いません。せいぜい、その土地の滞在を楽しむことにしましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: ムフタール通り

パルファン光さん、
コメントありがとうございます。
実は、私は、一回しか行ったことがなく、しかも、余り記憶にありません。
着いてすぐの滞在は、時間がありませんが、帰国前にも三泊予定しています。
ちょっと訳ありの通りで、私自身楽しみにしています。

ムフタール通り

パリの宿、ムフタール通りの真ん中あたりですね!
この通りは2度ほど歩いた大好きな通り。
huckさんなら、ここを起点に4,5,6区と歩き回れますね。
今から報告楽しみです!