想い出の名画座

2016年1月13日改訂版

51Dbimeh3iL.jpg
イタリア映画「道」

Theater of films in memory
「想い出の名画座」を開館しました。想い出に残る外国映画を、製作(または公開)年度順に、並べてみました。ストーリーその他、映画自体については、多くのブログで紹介されています。当映画館では、その映画と「ヨーロッパのんびり旅」との関わり合いを、一本ずつ上映してゆく予定です。
青色のタイトルの映画は、上映中です。タイトルをクリックすれば、その映画の関連記事をご覧いただけます。
I opened the theatre of films in memory and listed titles chronologically as below. Story etc. of the films are already introduced in various blogs. In my theatre, I would like to show the film in connection with my "wandering in Europe" one by one.
The titles in blue are already introduced in my theatre. You can see the related articles by clicking the title.

1926年
「ボー・ジェスト」Beau Geste
1930年
「モロッコ」Morocco
1933年
「キング・コング」 King Kong
「未完成交響曲」 Leise Flehen meine Lieder
1936年
「望郷」Pe Pe le Moko
1937年
「舞踏会の手帖」 Un carnet de bal
「大いなる幻影」 La grande illusion
1939年
「風と共に去りぬ」Gone with the wind
「駅馬車」 Stagecoach
1940年
「ファンタジア」Fantasia
1942年
「カサブランカ」Casablanca
1946年
「荒野の決闘」My darling Clementine
1948年
「白昼の決闘」Duel in the sun
「自転車泥棒」Ladri di biciclette
1949年
「黄色いリボン」She wore a yellow ribbon
第三の男」The third man
聖処女」The song of Bernadette
「哀愁」Waterloo bridge
1950年
「リオ・グランデの砦」Rio Grande
「ウィンチェスター銃73」Winchester '73
「情婦マノン」Manon
「女狐」Gone to earth
「サンセット大通り」Sunset voulevard
「宝島」Treasure Island
1951年
「パルムの僧院」La chartreuse de Parme
「陽のあたる場所」A place in the sun
1952年
「第17捕虜収容所」Stalag 17
「シェーン」Shane
「真昼の決闘」High noon
凱旋門」Arch of Triumph
「誰が為に鐘はなる」For whom the bell tolls
「黄昏」Carrie
「禁じられた遊び」Jeax interdits
にがい米」 Riso Amaro
1953年
「終着駅」Terminal station
「夏の嵐」Senso
「ローマの休日」Roman holiday
「「アパッチ砦」Fort Apache
1954年
」La strada
「裸足の伯爵夫人」The barefoot contessa
「帰らざる河」River of no return
赤と黒」Le rouge et le noir フランス・イタリア合作。
1955年
汚れなき悪戯」Marcelino pan y vino
「慕情」Love is a many-splendored thing
「旅情」Summertime
「七年目の浮気」Seven year itch
「エデンの東」East of Eden
「雨の朝巴里に死す」The last time I saw Paris
「裏窓」Rea window
「ピクニック」Picnic
「悪魔のような女」Les diaboliques
「埋れた青春」L'affaire Maurizius
「海底二万哩」20000 leagues under the sea
「誇り高き男」The proud ones
1956年
過去をもつ愛情」Les amants du Tage
「ジャイアンツ」Giant
「捜索者」The searchers
ヘッドライト」Des gens sans importance
ノートルダムのせむし男」Notre-Dame de Paris
「バス停留所」Bus stop
「理由なき反抗」Rebel without a cause
「翼よ!あれが巴里の灯だ」The spirit of St.Louis
「白鯨」Moby Dick
「鉄道員」 Il Ferroviere
1957年
悲しみよこんにちは」Bonjour tristesse
「OK牧場の決闘」Gunfight at the O.K.Corral
「昼下りの情事」Love in the afternoon
武器よさらば」A farewell to arms
同上
眼下の敵」The enemy below
「戦場にかける橋」The bridge on the river Kwai
「カビリアの夜」Le notti di Cabiria
「追想」Anastasia
「めぐり逢い」An affair to remember
「サヨナラ」Sayonara
「友情ある説得」Friendly persuasion
「島の女」Boy on a dolphin
「幸福への招待」Paris Palace Hotel
「菩提樹」Trapp-Familie
レ・ミゼラブル」Les miserables
「愛情の花咲く樹」Raintree county
「情婦」Witness for the prosecution
1958年
「愛する時と死する時」A time to love and a time to die
「鉄道員」Il ferroviere
「死刑台のエレベーター」Ascenseur pour l'echafand
芽ばえ」Guendaline
「大いなる西部」The big country
「若き獅子たち」Young lions
「めまい」Vertigo
「十戒」The Ten Commandments
1959年
「勝手にしやがれ」A bout de souffle
「去年の夏突然に」Sudenly, last summer
「恋人たち」Les amantes
「お熱いのがお好き」Some like it hot
「リオ・ブラボー」Rio bravo
「大人は判ってくれない」Les quatre cents coups
「激しい季節」Estate violenta
「北北西に進路を取れ」North by northwest
「サン・フィアクル殺人事件」Megre et l'affaire St.Fiacre
1960年
太陽がいっぱい」Plein soleil
「刑事」Un moldetto Imbroglio
「かくも長き不在」Une aussi longue absence
「サイコ」Psycho
「甘い生活」La dolce vita
「誓いの休暇」Ballada o soldate
「ベン・ハー」Ben-Hur
「避暑地の出来事」A summer place
「若者のすべて」Rocco e i suai fratelli
「アラモ」The Alamo
「ギャンブルの王様」Le baron de l'ecluse
1961年
「ウエスト・サイド物語」West Side story
「鞄を持った女」La ragazza con la valigia
「荒野の七人」The magnificent seven
「ナバロンの要塞」The guns of Navarone
「赤と青のブルース」Saint Tropez blues
エル・シド」El Cid
1962年
「リバティ・バランスを射った男」The man who shot Liberty Valance
「突然炎のごとく」Jules et Jim
「二十歳の恋」L'amour a 20 ans
1963年
「シャレード」Charade
「ブーベの恋人」La ragazza di Bube
「鳥」The birds
「アラビアのロレンス」Lawrence of Arabia
「大脱走」The great escape
「シベールの日曜日」Cybele ou les dimanches de Ville d'Avray
「地下室のメロディー」Melodie en sous-sol
「女と男のいる舗道」Vivre sa vie: film en douze tableaux
1964年
「柔らかい肌」Le peau douce
「シェルブールの雨傘」Les parapluies de Cherbourg
「大列車作戦」The train
1965年
「誘惑されて棄てられて」Sedotta e abbandoneta
「グレート・レース」The great race
「サウンド・オブ・ミュージック」The sound of music
1966年
「ドクトル・ジバゴ」Doctor Zhivago
「男と女」Un homme et une femme
「ネバダ・スミス」Nevada Smith
「マドモアゼル」Mademoiselle
「パリは燃えているか」Paris brule-t-il?
1967年
「俺たちに明日はない」Bonnie and Clyde
「冒険者たち」Les aventuriers
「夜の大捜査線」In the heat of the night
1968年
「卒業」The graduate
「黒衣の花嫁」La mariee etais en noir
「白い恋人たち」13 jours en France
1969年
「明日に向って撃て!」Butch Cassidy and the Sundance Kid
1970年
「ひまわり」I girasoli
「暗殺の森」Il conformista
1971年
「おもいでの夏」Summer of '42
「ベニスに死す」Morte a Venezia
「ライアンの娘」Ryan's daughter
「恋のエチュード」Les deux anglaises et le continent
1972年
「ゲッタウェイ」The getaway
1973年
「離愁」Le train
「パピヨン」Papillon
「スティング」The sting
「ルシアンの青春」Lacombe Lucien
「お熱い夜をあなたに!」Avanti!
愛の嵐」The night porter
1974年
「フェリー二のアマルコルド」Amarcord
1975年
「イノセント」L'innocente
アデルの恋の物語」L'histoire d'Adele H.
「ルシアンの青春」 Lacombe Lucien
1976年
「ラスト・シューティスト」The shootist
「夕なぎ」Cesar et Rosalie
「さらば愛しき女よ」Farewell, my Lovely
「トリュフォーの思春期」L'argent de poche
1979年
「ブリキの太鼓」Die Blechtrommel
「リトル・ロマンス」A little romance
1980年
終電車」Le dernier metro
1981年
「隣の女」La femme d'a cote
愛と哀しみのボレロ」Les uns et les autres
「レイダース 失われたアーク」Raiders of the lost arc
1982年
「サン・スーシの女」La passante du Sans-Souci
1983年
「殺意の夏」L'ete meurtrier
1984年
「アマデウス」Amadeus
1986年
「スタンド・バイ・ミー」Stan by me
1987年
「八月の鯨」The whales of August
1988年
「グラン・ブルー」Le grand bleu
1989年
ニュ-・シネマ・パラダイス」Nuovo cinema paradiso
1990年
髪結いの亭主」Le mari de la coiffeuse
プロヴァンス物語 マルセルの夏」La gloire de mon pere
プロヴァンス物語 マルセルのお城」Le chateau de ma mere
「ヨーロッパ ヨーロッパ」Europa Europa
1991年
「エーゲ海の天使」Mediterraneo
1993年
「潮風とベーコンサンドとヘミングウェイ」Wrestling Earnest Hemingway
「シンドラーのリスト」Schindler's list
1994年
「王妃マルゴ」La reine Margot
1995年
「イル・ポスティーノ」Il postino
しあわせはどこに」Le bonheur est dans le pre
1997年
「ライフ・イズ・ビューティフル」La vita e bella
1998年
「奇人たちの晩餐会」Le dinner de cons
1999年
ストレイト・ストーリー」The Straight story
「海の上のピアニスト」 The legend of 1900
「クリクリのいた夏」 Les enfants du marais
「山の郵便配達」 Postmen in the mountains
2001年
ジェヴォーダンの獣」Le pacte de loups
「ぼくの神さま」Edges of the Lord
2005年
サンジャックへの道Saint-Jacques...la Mecque
2010年
「星の旅人たち」The way

参考資料:
世界映画名作全史 戦後編 猪俣勝人著 社会思想社 1974年
世界映画名作全史 現代編 猪俣勝人著 社会思想社 1975年
外国映画ぼくの500本 双葉十三郎著 文藝春秋 2003年
Chronique du cinema 1992
Wikipedia
スポンサーサイト