ヨーロッパのんびり旅の足跡

2017年5月2日

DSC1708870.jpgこれは、私の机の前に貼ってある、ミシュランのヨーロッパ地図です。2004年から2013年までは、サイクリングです。2014年から今年2017年までは、ウォーキングです。今年予定の「モン・サン・ミシェルへの道」を含めて、12回になりました。
年の順に列記すると、次のようになります。

2004年 ライン川・セーヌ川紀行 フランクフルトからストラスブール・セーヌ源流・ルアーブル経由アムステルダムまで
2005年 ライン川・ドナウ川紀行 フランクフルトからブダペストまで
2008年 ライン川・ドナウ川紀行 アムステルダムからブダペストまで
2008europecycling4 172
2008年 ブダペスト。ブダペストは、2006年の旅で訪問し、2012年にも、三回目の訪問を果たしました。

2009年 ライン川紀行 チューリッヒからフランクフルトまで
2010年 ドナウ川紀行 チューリッヒからウイーンまで
2011年 ロワール川紀行 チューリッヒからロワール川を大西洋まで往復して、パリまで
2012年 エルベ川・ドナウ川紀行 アムステルダムから黒海まで
2013年 ローヌ川・ミデゥ運河・ガロンヌ運河紀行 チューリッヒからボルドーまで
2014年 サンティアゴ巡礼 ル・ピュイの道とフランス人の道 ル・ピュイからサンティアゴまで
2015年 サンティアゴ巡礼 アルルの道とアラゴンの道 アルルからプエンテ・ラ・レイナまで
2016年 サンティアゴ巡礼 ポルトガルの道 リスボンからサンティアゴまで
2017年 モン・サン・ミシェルへの道 パリからサン・マロまで(予定)

自転車の旅では、川の流れにこだわっていました。歩く旅に変えてからは、特に川にはこだわらなくなりました。
どの道もみな、思い出深いものですが、最も印象に残るものとしては、次の三つがあります。
・2004年のライン川・セーヌ川紀行。これは、なんといっても、未経験の旅を成し遂げたという感激があります。
2004 Europe II 502
2004年 セーヌ川源流

・2012年のエルベ川・ドナウ川紀行。私にヨーロッパ自転車旅行の面白さを教えてくれたくれた神戸のSさんという方がいます。ドナウ川を愛しています。シェンゲン協定に引っかかって、現地で予定を変更して、同氏の想い出を抱きながら、東欧を含む、5000キロの長旅をなしとげたという感激があります。
DSC1205378.jpg
ドナウ川河口の町スリナにある灯台の上から眺めた、ドナウ河口と黒海。ドナウ川の長さは、河口から測られていて、この灯台がゼロ・キロメートル地点になっています。ドイツのドナウエッシンゲンにある源流が、2,840キロメートル地点です。

・2014年のサンティアゴ巡礼。これも、最初の長距離ウォーキング(1600キロ)をなしとげたという達成感を思い出します。
DSC001534.jpg
2014年 ル・ピュイ。サンティアゴの道のうち、ル・ピュイの道の出発点。

上掲の地図を眺めていると、気づくことが、ふたつあります。

・ひとつ目は、ヨーロッパでも好きな国のひとつである、イタリアに、まだ足を踏み入れていないということです。
しかし、来年2018年、「フランチジェーナの道」という街道を歩く予定にしています。これで実現する予定です。
フランチジェーナの道とは、イギリスのカンタベリー(ロンドンとドーバー海峡との間、ドーバー寄り)からローマまでの街道です。全部で、1,900キロあります。私は、そのうち、後半の半分だけ歩こうと考えています。スイスのグラン・サン・ベルナール峠からローマまでです。あるいは、ガイドブックが入手できれば、コート・ダジュールのマントンから、リヴィエラ海岸街道を歩いて、イタリアのサルザナまで行き、そこから、フランチジェーナの道に合流したいと考えています。
半分しか歩かない理由は、もう残り少ない人生を考えると、優先順位からいって、カンタベリーとスイスの間のルートは、割愛せざるを得ないからです。
IMG_20170502_0001.jpg
フランチジェーナの道。Map from Via Francigena, Alison Raju, Cicerone.
赤い線が、カンタベリーからグラン・サン・ベルナール峠まで。
緑の線が、グラン・サン・ベルナールからロ―マまで。
黄色の線が、マントン(M)からサラザナ(S)まで。

・もうひとつ、これを見て、思い出すことがあります。昨年(2016年)「ポルトガルの道」を歩いているときに、ポルトガルのバルセロスという町で出会った日本人のご夫妻のことです。私のブログで、既に紹介しましたが、石川さんという、ご夫妻です。81歳だそうです。下掲のヨーロッパ地図がリュックに貼られていました。
DSC0606016a.jpg
事情を聴くと、トルコのアンカラから、ポルトガルのリスボンまで、2010年から2016年まで、7年間かけて歩いているということです。そのお年での壮大な企てに驚いてしまいました。使っている地図は、100万分の1の地図です。私の携帯しているようなガイドブックも持っていらっしゃらなかったようです。日々の行く先や今夜の宿など、どのように決めているのでしょうか?これこそ、私の狙うシンプルな旅の姿です。(そう言えば、神戸のSさんも、ミシュランのヨーロッパ国別自動車用地図だけで、サイクリングをしていました。)

DSC0606116a.jpg石川さんご夫妻。当然、昨年、リスボンに到着し、アジアのアンカラから、リスボン(ヨーロッパの果て)までの旅を達成されたことと思います。再び、新しい挑戦をなさっているでしょうか?

石川ご夫妻には、敬意を表するとともに、大変勇気づけられました。私の旅は、どう考えても中盤を過ぎています。なんとか80歳まで(あと8回)、この旅を続けたいと考えています。石川ご夫妻を拝見していると、あるいは、もっとできるでしょうか?
とりあえず、上述した来年の旅を含めて、次の旅を考えています。

2018年 フランチジェーナの道
2019年 サンティアゴ巡礼 銀の道
2020年 サンティアゴ巡礼 ヴェズレイの道

51S90f2TQ0L__SX349_BO1,204,203,200_
銀の道 VIa de la Plata のガイドブック。

一番上に掲げた地図の道に、自転車や脚だけで、足跡を残せる人間の身体とは、たいしたものだと感心します。これが、私の高校生のときから抱いていた夢でした。この実現のきっかけを与えてくれたのが、神戸のSさんです。
スポンサーサイト