サンチャゴ巡礼 アルルの道とアラゴンの道のすべて

151223a.jpg
フランスからの、主なサンチャゴの道。
今年2015年は、Arles から Puente la Reina まで(950km)歩きました。
昨年2014年は、Le Puy から Santiago まで(1,600km)歩きました。

DSC1500698.jpg
起点のアルル。巡礼宿のあるカフェのテラス。向こうに見えるのは、円型闘技場。

今年、2015年、歩いた、サンチャゴ巡礼、アルルの道とアラゴンの道の記事を、時系列に並べ替えました。
このブログのカテゴリ欄の次の項目をクリックすれば、起点のアルルから(5月28日出発)、終点のプエンテ・ラ・レイナまで(7月9日到着)、950kmの巡礼旅を、時間を追って、ご覧になれます。

2015 フランスのアルル~フランスのアヴィニョネ
2015 アヴィニョネ~フランスのアノワ
2015 アノワ~スペインのハッカ
2015 ハッカ~スペインのモンレアル
2015 モンレアル~スペインのプエンテ・ラ・レイナ~フランスのバイヨンヌ

DSC1503511.jpg
プエンテ・ラ・レイナ、王妃の橋。この橋の名前であると共に、この町の名前でもあります。
スポンサーサイト

プエンテ ラ レイナにて

At Puente la Reina 10.07.
7月10日。
昨日、アルルの道の最終地、プエンテ ラ レイナに無事到着しました。これまでのご声援ありがとうございました。
7月15日に日本帰国します。また、詳細記事を連載しますので、よろしくお願い致します。
20150710141421943.jpg
プエンテ ラ レイナのアルベルゲ前にある教会。7月10日朝。
Church in front of the albergue at Puente la Reina in the morning of 10.07.

ハビエルにて

In Javier
7月5日
夕べは、ハビエルという所のホテルに泊まりました。目の前に、フランシスコ ザビエルの生まれたお城があります。
20150705144955316.jpg
ハビエル城。
The castle where Xabier was born.

今日は、これから、サングエサという町を目指します。

ハッカにて

In Jaca
いよいよ6月も最後の日となりました。
ハッカという町に来ています。いよいよ旅も最終段階。速度をますます落として、スベインの巡礼路をゆっくり見ていこうかと考えています。
20150701012358fe5.jpg
ハッカの宿のバルコニーから覗いた通り。
Street of Jaca looked down from balcony of casa.

アルルの道 巡礼の最終確認

Chemin d'Arles: The final confirmation of equipments

「巡礼」
一人旅こそ
仄(ほの)かなれ
空ははるばる
身はうつつ

巡礼のふる鈴は
ちんからころりと
鳴り渡る
一心に
縋(すが)りまつればの

北原白秋

「アルルの道」へ出発まで、あと、12日ばかりとなりました。服装・荷物とも、本番と同じにして、いつも歩く散歩コースを8kmあまり歩いて具合を確認しました。
12 days more before start to the chemin d'Arles. Checked wears and equipments by walking the course of 8 km where I walk every day.
DSC0059315.jpg
九十九里浜。栗山川が太平洋に注ぎこんでいます。この川は、上総(かずさ)の国と下総(しもうさ)の国の国境です。また、鮭(サケ)の遡る南限の川とも言われています。
Sand beach, so-called "Ninety-nine miles beach". River Kuriyama flows into the Pacific Ocean. It is said to be the the most southern river where salmons come up the river.

川を屋形橋で渡って、下総から上総に入ります。すると、横芝・蓮沼海浜の森というのがあって、片道5kmの遊歩道があります。
Crossing the river by bridge and coming to the wood which has walking course for 5 km one way.
DSC0060015.jpg
・写真のリュックは、今年買った、45リットルのものです。昨年買ったリュックは、35リットルでした。小さめで使い勝手が悪かったので、今年は大きめのものに変えました。荷物を出鱈目に詰め込んでも、余裕があります。出かける前に、体重計で計ったら、ちょうど、9キロありました。
・荷物の中味は、「さあ、アルルの道出発の準備」(←ここをクリック)の通りです。
・これには、ウエスト・ポーチ、カメラ、水筒は含まれていません。カメラと水筒は、首から下げて、リュックのウエスト・ベルトに着いている左右のポケットに、それぞれ納めます。そのため、首への負担はありません。
・今年、新調した靴も、全く問題ありません。
・あとは、アルルのサン・トロフィーム教会で、ガイドブックと巡礼手帖とリュックに提げる帆立貝を買うだけです。そうすれば、完璧。...と願いたいものです。
・ I bought the rucksack of 45L this year. The rucksack which I used last year was 35L. I t was too small and I changed to bigger one. It was 9kg when I checked by weight scale before start from home.
・ The weigth does not include waist porch, camera and water.
・ I bought also new shoes this year which were no problem.
・ I will buy Credencial del Peregrino and a scallop at Saint-Trophime, Arles. Then the equipments will be perfect. 
DSC00463515.jpg
2014年、フランスのル・ピュイのノートルダム大聖堂で買った帆立貝と、スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラで入手した、巡礼証明書。
(どういう訳か、写真を垂直にできません。)
A scallop which was bought at Notre-Dame , Le Puy and the Compostela which was obtained at Santiago de Compostela in 2014.