サンティアゴ巡礼:古都レオンを去る

Leaving Leon, the old capital
60th day: 12.07.2014
Leon to Villadangos del Paramo

第60日目 7月12日
レオン~ビジャダンゴス・デル・パラモ

レオンのアルベルゲを出発します。入り口で、マリ・テさんに会いました。途中まで一緒に歩くことにしました。
I started at the Albergue of Leon. At the entrance I met Mrs.Marie-The. We agreed to walk together for a while.
DSC035344.jpg
レオンの街の中心に、大聖堂があります。
There was Cathedral in the center of town.

DSC035364.jpg
大聖堂の中央部分と塔の部分が離れた、変った格好をしています。
Middle part and bell towers are separate.

P1060390Leon.jpg
もとサン・マルコス修道院前を歩く日本人巡礼。
町の中心を外れる頃、もとサン・マルコス修道院があります。16世紀の建物です。サンティアゴ騎士団の本拠だったそうです。現在は、左側が、国営ホテル、サン・マルコス・パラドール。右側は、レオン美術館になっています。
Japanese pilgrim walking in front of former San Marcos monastery.
When you go out of the center of town, you will see former San Marcos Monastery. It was built in the 16th century. It was base of Knights of Santiago. It is now Parador San Marcos (left) and Museum of Leon (right).

DSC035414.jpg
五つ星ホテル、パラドール(国立ホテル)の部分。
Five-stars national hotel, Parador.

P1060392.jpg
パラドール前、サン・マルコ広場の巡礼とマリ・テさん。
A pilgrim and Mrs.Marie-The in front of Parador at Plaza San Marcos.

DSC035434.jpg
ベルネスガ川にかかる橋を渡って、レオンの中心から去ります。
レオンを出て、6kmばかり歩くと、ラ・ビルヘン・デル・カミーノと言う町に出ます。そこから、サンティアゴの道が二本に分かれます。左側は、静かそうな道。右側は国道N-120沿いの道。左側のほうがよさそうです。
ベルネスガ川を渡ったところで、「左側の道を行って、途中のビジャ―ル・デ・マサリフェという村で、また会いましょう」と言って、マリ・テさんとは、分かれました。お互い、ひとりで歩いていたほうが、なにかにつけて自由な行動ができていいのです。
We leave the center of Leon by crossing bridge over rio Bernesga.
In 6km after Leon, you will arrive at La Virgen del Camino. Here the way is divided into two. Seemingly quite way on the left side and the way along N-120 on the right side. It looks better to take the left way.
When we crossed rio Bernesga, we became separate saying " Let's take the left way and meet again at Villar de Mazarife". It will be better for each to walk separately as we can be free.

DSC035464.jpg
途中にあった巡礼の泉。うしろに見える丸い入り口の穴倉は、ワイン・セラーだそうです。
Fountain of pilgrim on the way. Warehouses with round holes on the background are wine cellars.

DSC035484.jpg
分かれ道のところで、気を付けて来たつもりですが、どうやら道を間違えてしまいました。国道N-120沿いの、美しくない騒々しい道です。ガードレールの左側を歩いて行きます。
I was careful to check the dividing point of way but found that I have taken the wrong way. This is noisy and not beautiful road along N-120. I walked on narrow way on the left-side of gard rail.

DSC035524.jpg
サン・ミゲル・デル・カミーノという村で、昼食をとりました。カフェの女将さん。
I took lunch at vafe of San Miguel del Camino. Madam of the cafe.

DSC035504.jpg
ワインの価格表。リオハのラモン・ビルバオというのを頼みました。
List of wines. I asked Rioha, Ramon Bilbao.

DSC035514.jpg
どういう訳か、いつも、クロワッサンには、フォークが突き刺さってきます。
Alway fork on croissant.

DSC035534.jpg
ずーっと、国道沿いのつまらない道を歩いてきました。ビジャダンゴス・デル・ビルヘンという村のアルベルゲに泊まることにしました。アルベルゲの受付嬢。
I walked all the way along bored road of N-120. I stayed at albergue of Villadangos del Paramo. Receptionist of the albergue.

DSC035544.jpg
アルベルゲの寝室。
Bedroom of the albergue.

DSC035554.jpg
久し振りに、三人娘のひとり、カナダから来た、エバさん(左)に、アルベルゲの前の庭で会いました。他の二人とは、別行動になったそうです。(もともと、三人は別々に歩き始めた人たちです。)
I met Ms Eva from Canade, one of the three girls, since long time. Now she walked separately from the other two. (Originally they were independent.)

DSC035584.jpg
夕食は、ホスタル・リベルタードのレストランに行きました。アルベルゲから歩いて、5分くらいのところです。ホスタルとホテルの違いがよく分かりませんが、ホテルのようなものでしょう。
おいしそうなワインが、棚に並んでいます。
For dinner I went restaurant of Hostal Libertad. It took about 5 minutes on foot from my albergue.
Nice looking bottles of wine on shelf.

DSC035564.jpg
私が選んだのは、これ!選択の余地なし。定食についてくる安ものです。ところが、スペインのワインは、これが、なかなかおいしいものでした。おまけに、嬉しいことに、グラス一杯ではなく、フルボトルをデーン!とテーブルに置いて行ってくれます。
I chose this! No choice. It is accompanied to the menu. But this kind of wine in Spain was quite tasty. And to my happiness, not by glass but by bottle.

DSC035574.jpg
豆となんと!タコのスープ。
Soup of beans and octopus!

DSC035604.jpg
これは、豚肉です。定食は、このあとに、ライス・プディングと、コーヒーがつきました。
This is pork. And, rice pudding and caffee later for menu.

DSC035594.jpg
親切なウェートレスのおねえさん。
Kind waitress of the restaurant.

DSC035614.jpg
巡礼手帳に、このレストランのスタンプを押してくれるよう頼みました。既に押してあった、泊まっているアルベルゲのスタンプを見て、「ここに泊まっている巡礼は、通常、定食14ユーロのところ、12ユーロです」と紙に書いてくれました。10ユーロにならないかと尋ねると、「ダメ!」と断られました。
I asked their stamp on my Credenciale. The waitress saw the stamp of my albergue on it and said:
"Normally menu is 14 Euro but 12 Euro for pilgrims staying the albergue."
I asked to make it to 10 Euro.
"No!" she rejected.

きょうは、ビジャ―ルで会おうと言って分かれた、マリ・テさんとの約束を守れませんでした。
I could not keep promise with Mrs.Marie-The that we might meet at Villar today.
今日の歩行距離:23km。ル・ピュイから、1,323km。
滞在先: 公営アルベルゲ・デ・ペレグリノス。素泊まり、5ユーロ。
Walked today 23km: 1,323km from Le Puy.
Stayed at albergue municipal de Peregrinos. 5 Euro for bed only.
スポンサーサイト

オスピタル・デ・オルビゴの長い橋

The long bridge at Hospital de Orbigo
61st day: 13.07.2014
Villadangos del Paramo to Santibanez de Valdeiglesias

第61日目 7月13日
ビジャダンゴス・デル・パラモ~サンチバジェス・デ・バルデイグレシアス

DSC035634.jpg
夕べ、泊まったアルベルゲ。もと学校だったそうです。
The albergue where I stayed last night. It was old school.

DSC035644.jpg
まだ、道は、N-120沿いに進みます。
サンティアゴまで、326キロ。だんだん、終点が近づいてきました。11キロ先の、オスピタルには、サンティアゴの道で、一番長い橋があります。
The way is still along N-120.
326km to Santiago. The destination becomes nearer. 11km far from here, there is the longest bridge on the way of Santiago in Hospital.

DSC035654.jpg
このあたりには、このような灌漑用水が、随所に流れていました。
There are a lot of irrigation channels in this region.

DSC035704.jpg
サン・マルチン・デル・カミーノという村にカフェがありました。ここで、朝食にします。
There was a cafe at the village of San Martin del Camino. I took breakfast here.

DSC035664.jpg
朝食の量が多すぎました。卵焼き(トルティーリャ・エスパニョーラ、ジャガイモをタマゴに混ぜて焼いたオムレツ)のほうは、食べないで、どこかで、昼食に食べようと持ち帰りにしました。
The volume of breakfast was too much. I did not eat Tortilla Espanola and took out it. I would eat as lunch somewhere.

DSC035674.jpg
朝食を食べ終わって、出発しようとしたら、デンマーク人の女性三人組の巡礼がやってきました。
When I was starting after breakfast, there came three Danich woman pilgrims.

DSC035714.jpg
サンティアゴまで、322キロの道しるべ。
Way marking of 322km to Santiago.

DSC035724.jpg
N-120の左側を歩いてきました。今度は、右側に渡れの印です。
I have walked on the left side of N-120. From here we should go to the right.

DSC035744.jpg
長い橋のある、オスピタル・デ・オルビゴにやってきました。長さ204メートル、20のアーチがあるそうです。
I arrived at Hospital de Orbigo with a long bridge. It is 204m long and has 20 arches.

DSC035764.jpg
ここで、昨日二本に分かれた、サンティアゴの道が、再び合流します。町の名が、オスピタル(=ホスピタル)ですから、かつて、巡礼用の病院があったものと考えられます。
The way was divided into two yesterday. The ways join into one here.

DSC035784.jpg
ここで、2,3日前に出会った、韓国人女性二人組の一人に会いました。どうやら、はぐれたらしく、もうひとりに会わなかったか、尋ねられました。しかし、残念ながら、分かりません。
橋の途中で、河原に下りる階段がありました。橋のたもとの売店でビールを買いました。そして、河原に下りて、さっき持ってきたオムレツを、昼食に食べました。
I met here one of the two Korean women whome I met a few days ago. They became lost each other. I was asked if I knew the other but regrettably I did not know.
There was steps down to the river-side at the middle of the bridge. I bought a beer in shop at the end of bridge and came down to the river-side. Lunch was Tortilla Espanola which was formerly breakfast.

DSC035804.jpg
この河原で、1434年、一か月にわたる、騎馬槍試合が催されたそうです。そのような舞台装置がありましたから、今でも毎年、その祭があるのでしょう。
A month-long jousting tournament was held on this river-side in 1434. I saw some stage setting for it and imagined that there might be the festival every year.

DSC035834.jpg
この町を通る巡礼道沿いに、シャレたアルベルゲが二軒ありました。
町を出ると、巡礼の道は、また、二本に分かれます。左へゆくと、また、N-120沿いの道になります。それは避けて、右の道に向かいました。
There were two nice looking albergues along the way of Santiago in this town.
When I was leaving town, the way was divided into two again. The way along N-120 to the left. I took the other way to the right.

DSC035844.jpg
途中、ビジャーレス・デ・オルビゴという村のバールのマスター。ここに来た、ある日本人巡礼と友達になったらしく、その人のことを話していました。
Master of bar at Villares de Orbigo. He was very well acquainted with a Japanese pilgrim here and talked about him to me.

DSC035874.jpg
同じバールに立ち寄った、巡礼夫婦。
A pair of pilgrims visiting the bar.

DSC035884.jpg
途中の民家の美しい窓。
Beautiful window of house on the way.

DSC035894.jpg
さきほど立ち寄ったバールのある村。
The village with the bar where I just left.

DSC035904.jpg
サンチバニェス・デ・バルデイグレシアスの村に着きました。ガイドブックによれば、きょうの行程は、昨日泊まったビラダンゴスからアストルガまでです。しかし、アストルガまでは、まだここから、13キロほどもあります。おまけに、途中なにもありません。少し、早いですが、きょうは、ここに泊まることにしました。
I arrived at Santibanez de Valdeiglesias. According to my guidebook, today's section is from Villadangos to Astorga. It is still 13km more from here to Astorga. And there is nothing to rest on the way. It was a little too early but I decided to stay here.

DSC035964.jpg
サンチバニェスのアルベルゲの入り口。
Entrance of albergue at Santibanez.

DSC036074.jpg
アルベルゲの窓ガラス。日本語も書いてあります。
Window glass of the albergue. It is written in Japanese too.

DSC035984.jpg
きょうは、日曜日です。そのせいか、近所の男性が、アルベルゲの中庭に集まってくつろいでいます。
It was Sunday today. Maybe because of it local people spent times in the inner gardden of albergue.

DSC036004.jpg
そのうち、顔見知りの巡礼も集まってきました。
左から、フランス人のマリ・テさん。韓国人のHJさん。いつか、メセタ(高原台地)で出会った、ドナウエッシンゲンから来たドイツ人女性。マリ・テさんとは、昨日、私が道を間違えたために、はぐれてしまいました。偶然にも、また会うことができました。この村には、アルベルゲが二つあって、彼女はもう一つのほうに、泊まるそうです。ここには、散歩の途中寄ったようです。こちらは、にぎやかなのですが、もうひとつのアルベルゲには、私しかいないと言っていました。
Then familiar pilgrims gathered.
From left: Mrs.Mari-The, French. Mrs.HJ, Korean. And, German pilgrim from Donaueschingen whom I met on meseta sometime. I took wrong way yesterday and lost Mrs.Marie-The. But I could meet her by chance now. According to Mrs.Marie-The, there were two albergues in this town. She said she would stay at the other. She seemed to drop at our albergue when she was walking around. It was a lot of people in the albergue here but "Only myself in another albergue" she said.

DSC035924.jpg
寝室の前から見た中庭。ドイツ人女性が洗濯をしています。
こじんまりした、小奇麗なアルベルゲです。二段ベッドが七つ(2x7=14名収容)ありました。
Inner garden looking down from bedroom. The German pilgrim washing.
Small and clean albergue. There were seven two-storied beds.

DSC035914.jpg
アルベルゲのスペイン風(?)の椅子。なにか、アフリカ風にも見えます。
Spanish-like chairs (?). Looks like African-like chairs.

DSC035994.jpg
アルベルゲのレストランの壁と木。アルベルゲの建物の中は、綺麗にリフォームされています。(新しいアルベルゲなのかもしれません。)
Wall and tree of restaurant of albergue. The inside was beautifully reformed. (Maybe it was new albergue?)

DSC036034.jpg
アルベルゲの若女将(?)
Younger madam of albergue.

DSC036044.jpg
レストランの夕食のチャーハン。
たしか、この夜、ドイツとアルゼンチンのフットボール決勝がありました。レストランのテレビで、これを見て、夜更かししたような記憶があります。
Fried rice for dinner at restaurant.
If I remember correctly, the final match of football between German and Argentine took place. I looked at television and sat up late this evening.

今日の歩行距離:20km。ル・ピュイから、1,343km。
滞在先:アルベルゲ・カミーノ・フランセス。素泊まり、7ユーロ。
Walked 20km today: 1,343km from Le Puy
Stayed at Albergue Camino Frances. 7 Euro for bed only.

アストルガにて

In Astorga
62nd day: 14.07.2014(1)
Santibanez de Valdeiglesias to El Ganso

第62日目 7月14日(1)
サンチバニェス・デ・バルデイグレシアス~エル・ガンソ

27102014.jpg
昨夜は、サンチバニェスに泊まりました。この地図で、レオン Leon とアストルガ Astorga との間です。きょうは、アストルガを過ぎるでしょう。最終地点のサンティアゴまで、先が見えてきた、という感じです。フランスのル・ピュイ・アン・ヴレイ Le Puy-en-Velay から、よくここまで歩いて来たなという驚きと、この旅も終わりに近づいているという、ちょっぴり寂しい気持ちです。
I stayed at Santibanez last night. It is between Leon and Astorga. Today I will pass Astorga. I felt Santiago, the final destination became very near. I was surprised to find that I could come here on foot from Le Puy-en-Velay, France as well as felt a little sad as the way was becoming to the end.

DSC036084.jpg
アルベルゲを出発します。サンチバニェスからアストルガまで、11kmの標識。
I started at albergue. 11km from Santibanez to Astorga.

DSC036104.jpg
道端の十字架と巡礼の人形。
Cross and doll of pilgrim along the way.

DSC036124.jpg
崖に穴がたくさん空いています。ツバメかなにか、トリの巣のようです。
Many holes on cliff. Maybe nests of birds like swallows.

DSC036164.jpg
寄付ベースの休憩所がありました。
Resting point of donativo.

DSC036174.jpg
ご主人は、こんな恰好をして、本を読んでいます。どうして、こういうことをしているのか、もっと知りたいと思いましたが、聞かないまま通り過ぎました。
Husband read a book like this. I wanted to know why they lived like this but passed without asking it.

DSC036194.jpg
眼下に、アストルガの町が見えてきました。
The town of Astorga below.

DSC036204.jpg
アストルガ手前、サン・フスト・デ・ラ・ヴェガの町に入りました。
San Just de la Vega brfore Astorga.

DSC036224.jpg
そして、アストルガの町が見えてきました。
And now Astorga.

DSC036214.jpg
その時、アメリカ人のアストリードさんが、私の横を、ハローと言って、駆け抜けて行きました。
Then Mrs.Astrid passed over beside me saying hallo.

DSC036244.jpg
アストルガの古い町に入る手前に線路があります。それを超える歩道橋。
There was bridge for walkers over railways before entering Astorga.

DSC036254.jpg
歩道橋を渡って、線路の向こうを歩く、マリ・テさん。
I saw Mrs.Marie-The, already traversed the bridge to the opposite side.

DSC036264.jpg
アストリカ・アウグスタ。これが、アストルガの名前の起源でしょう。
Asturica Augusta. This must be the origin of name of Astorga.

DSC036284.jpg
アストルガの古い街は、高台の上にあります。それを登りきったところの、サン・フランシスコ広場。
Old town of Astorga was on the hill. When I went up to the top, there was Plaza San Francisco.

DSC036274.jpg
広場に埋められたプレート。「クオ・ヴァディス(主よ、どこへ行く?)」
Plate on the ground. Quo Vadis.

Quovadissept1953movieposterjpnmag.jpg
「クオ・ヴァディス」のポスター。1951年製作のアメリカ映画がありました。ロバート・テイラー、デボラ・カー主演。総天然色という言葉が懐かしいポスター。Wikipediaを見ましたら、ソフィア・ローレンが奴隷役で、エキストラ出演していたそうです。
Poster of American film "Quo Vadis" produced in 1951. Starring Robert Taylor and Deborah Kerr. Very nostalgic words "All natural colors" on poster. Sophia Loren was appeared in the film as a slave according to Wikipedia.

DSC036314.jpg
長い街路を歩いて、街の反対側、大聖堂広場へ向かいます。街路に座っていた子供。
From Plaza San Francisco through narrow street to Plaza Catedral. A child sitting in front of house.

DSC036324.jpg
そして、大聖堂広場に出ます。広場のブロンズ像。
Statue in Plaza Catedral.

DSC036404.jpg
アストルガの大聖堂。レオンの大聖堂が、三つに分かれていました。珍しいと思いましたが、この大聖堂も同じような作りです。この辺りの特徴でしょうか?
Cathedral of Astorga. Cathedral of Leon was divided into three pieces. I found it rare. This cathedral was also in the same style. Is it characteristics in this region?

DSC036354.jpg
大聖堂の横に、アントニオ・ガウディの「司教の館」があります。
Palacia Episcopal by Gaudi beside the cathedral.

DSC036384.jpg
昼食に、いつものトマト・サラダを食べました。司教の館の前にあるホテル・ガウディのテラスにて。
I ate salad of tomate for lunch as usual. At terrace of Hotel Gaudi in front of the Palace.

P1060492Astora140714.jpg
隣のベンチで、マリ・テさんが、ピクニックです。レストランやカフェではなく、自分の用意したものを食べるのを、ピクニックというようです。マリ・テさんは、「ピクニックが好きだから」と言っていました。
いずれにしても、静かで、人気のない、ガウディの建物を前にして、いい気分です。
Mrs.Marie-The enjoyed picnic on the bench next to the terrace. "I like picnic." she said.
Anyway nice and quiet atmosphere with little people around us.

DSC036424.jpg
食事のあと、アストルガを去ります。狭い通りから、大聖堂を振り返って見た所です。
アストルガで、「フランス人の道」とセビリアから来る巡礼の道「ヴィア・デ・ラ・プラタ」が合流します。そのせいでしょう、中世には、22もの巡礼病院があったそうです。
After lunch, I left Astorga. I looked back the cathedral on the narrow street.
Astorga is junction of Camino frances and Via de la Plata from Sevilla. Maybe because of it, there existed 22 hospitals for pilgrims in the Middle Ages.

DSC036434.jpg
狭い通りを抜けたら、綺麗に着替えた、ジョッギングのアストリードさんに会いました。「これから、昼食とガウディを見に行くの!」と楽しそうです。日本の大学で、グラフィック・デザインの先生でした。ホテル・ガウディのテラスを勧めておきました。
When I came out of the narrow street, I met Mrs.Astrid, jogger who was in nice dress. "I am goint to have lunch and looking at Gaudi!" She looked very happy. She was lecturer of graphic design in a Japanese university. I recommended her to sit at terrace of Hotel Gaudi.

DSC036444.jpg
アストルガの町を出るあたり、建物の壁に、こんなものがありました。CAMINOという文字は分かりますが、他になにか隠れているのでしょうか???
On the wall when I came out of Astorga. I could see letters of CAMINO. Is there any other words???

つづく
To be continued

カストリージョ、サンタ・カタリ―ナ、そしてエル・ガンソ

Castrillo de los Polvazares, Santa Catalina de Somoza and El Ganso
62nd day: 14.07.2014(2)
Santibanez de Valdeiglesias to El Ganso

第62日目 7月14日(2)
サンチバニェス~エル・ガンソ

DSC036454.jpg
アストルガの町を去ります。マリ・テさんに、カストリージョの村が綺麗だと、勧められました。メイン・ルートと分かれて、少し寄り道になりますが、寄って行こうと思います。
I left Astorga. Mrs.Marie-The recommended me to visit a beautiful village of Castrillo de Polvazares. It was a lttle detour from the main route but I would visit there.

DSC036464.jpg
途中のカフェと鉄の巡礼像。
Cafe and iron pilgrim on the way.

DSC036474.jpg
マリ・テさんと、しばらく一緒に歩きました。アストルガを出てすぐに、「エクセ・オモ*のチャペル」というのがありました。「信仰は健康の泉」というドイツ語の、日本語訳が、何故か、一番初めに出ています。
隣に飲み水が流れています。
* いばらの冠を頂き、紫の衣を着せられたイエスを群集の前に引出し、ピラトが言った言葉。
I walked with Mrs.Marie-The for a while. Just after Astorga, there was chapelle of Ecce Homo. Japanese translation comes first from the German words "Vom Glauben, der gesund macht"
There was fountain for drink just in the neighbor.

DSC036504.jpg
チャペルの中には、珍しく、女性の巡礼像がありました。
Statue of rare woman pilgrim in the chapelle.

DSC036514.jpg
ムリアス・デ・レチバルドという村で、マリ・テさんとは別行動にしました。雪の残っている山が見えてきました。
I separated from Mrs.Marie-The at Murias de Rechivaldo. Mountain with snow.

DSC036524.jpg
カストリージョ・デ・ロス・ポルバサレスに着きました。
Arrived at Castrillo de Polvazares.

DSC036544.jpg
赤い石で、道路も家も固められた村です。
Village od roads and houses made of red stones.

DSC036564.jpg
観光客むけのレストランやホテルがありますが、ほとんど姿がありません。なお、ここには、公営と私営のアルベルゲが、それぞれ一軒あるようです。(2014年版のCamino de Santiagoによる)
There were restaurants and hotels for tourists but I could rarely meet them. According to "Camino de Santiago 2014", there seems to be each one albergue municipal and private.

DSC036574.jpg
メイン通り。
Main street.

DSC036604.jpg
家も道路も自然の村。
Village of natural roads and houses.

DSC036584.jpg
美しいドアと窓。
Beautiful doors and windows.
DSC036594.jpg

DSC036634.jpg

DSC036644.jpg

DSC036674.jpg
ビールでも一杯飲んでいこうかと思っていました。余りの静けさに、端から端まで歩いて、村を出てしまいました。
I wanted to drink a beer. But it was too quiet. I walked from the end to the end and went out of the village.

なぜ、ここだけに、このような村があるのか?不思議です。
この村についての詳細は、次のWikipediaをクリックして下さい。→
I wondered why such village exists only in this place?
Please click the following Wikipedia about the details of this village →
Castrillo de los Polvazares

DSC036694.jpg
荒涼とした道を歩きます。
I walked then the savage route.

DSC036704.jpg
サンタ・カタリ―ナの手前で、メイン・ルートと合流します。サンタ・カタリ―ナが見えた時は、ホッとしました。
The route via Castrillo and the main route joined before Santa Catalina de Somoza. When I saw the village, I was relieved.

DSC036734.jpg
サンタ・カタリ―ナに、ロバに荷車をつけた巡礼がいました。
Pilgrim travelling by cart with donkey.

DSC036754.jpg
ドイツ人のディーターさん。シュパイヤー*からサンティアゴ・デ・コンポステラまで。2012年から始めました。今年で達成する見込みです。
*ライン川沿岸、ストラスブールとマインツとの中間あたりの町。
Mr. Dieter, German. Speyer to Santiago de Conpostela. He started 2012. He will achieve the way this year.

P1060540Santa CatalinadeSomza140714
カストリージョで飲み損ねたビールを、カタリ―ナで、一杯。
One beer at Catalina which I missed at Castrillo.

DSC036764.jpg
サンティアゴまで、249km。サン・ミゲルというビール会社が、このステッカーを配布しているようです。貼られたドアが綺麗です。
249km to Santiago. The sticker by beer company on beautiful door.

DSC036774.jpg
カタリ―ナから、もう少し歩きます。
I will walk a little more from Catalina.

DSC036784.jpg
再び、残雪を乗せた山が見えました。
Mountain with snow again.

DSC036794.jpg
エル・ガンソという村に着きました。きょうは、ここに泊まることにします。
I arrived at El Ganso. I will stay here today.

DSC036804.jpg
エル・ガンソのサンティアゴ教会。
Church of Santiago at El Ganso.

P1060549 El Ganso (Bar La Barraca)
マリ・テさんと同じアルベルゲになりました。夕食は、近くのレストランで一緒に食べました。
Mrs.Marie-The stayed at the same albergue. We took dinner at a restaurant together.

P1060552.jpg
マリ・テさん(左))と他の女性巡礼。レストランにて。
Mrs.Marie-The (left) and the woman pilgrims in the restaurant.

P1060561.jpg
アルベルゲの食堂。二人の韓国人女性巡礼。右側は、HJさん。
Dining room of the albergue. Two Korean woman pilgrims. Mrs.HJ (right).

P1060560El Ganso140714 (gite)
泊まったアルベルゲの看板。
Sign board of the albergue.

今日の歩行距離:30km。ル・ピュイから、1,373km。
滞在先:アルベルゲ・ガビーノ。素泊まり、8ユーロ。
Walked 30km today: 1,373km from Le Puy.
Stayed at Albergue Gabino. 8 Euro for bed only.

鉄の十字架

Iron cross
63rd day: 15.07.2014(1)
El Ganso to El Acebo

第63日目 7月15日(1)
エル・ガンソ~エル・アセボ

P10605634.jpg
アルベルゲの朝。
韓国人のHJさん。うしろで、私が、なにか食べ物を貰っているようです。記憶が定かでありません。
The morning at albergue.
Mrs.HJ, Korean pilgrim. In the backgroud I receive something to eat. My memroy is not clear.

DSC036894.jpg
路傍の十字架。
Cross on the way.

DSC036914.jpg
山道といった感じの道を歩きます。
The way which looks away from village.

DSC036964.jpg
牛がやってきました。怖いですが、すれ違います。
Cows came. I felt fear but proceeded the way.

DSC036974.jpg
フォンセバドンの方向へ向かいます。
To the direction of Foncebadon.

DSC036984.jpg
日本語を自動翻訳するとこうなります。「危険 工事中」の意味でしょう。言葉の配列の違いと、お互いの言葉同志、一致するものが少ないので、西洋語と日本語の自動翻訳は困難です。
Automatic translation to Japanese. It does not mean "Danger is working" but "Danger. Under work." Because of difference of order of words and no coincidence of a word between European languages, it is difficult to translate European languages to Japanese automatically.

DSC037014.jpg
ラバナル・デル・カミーノの村で、マリ・テさんに会いました。ここで、朝食にします。
I met Mrs.Marie-The, French pilgrim in Rabanal del Camino. I took breakfast here.

DSC037054.jpg
ラバナルの教会の祭壇。
In the church of Rabanal.

DSC037064.jpg
「鉄の十字架」という宿。この先、8キロほどのところに、「鉄の十字架」があります。なんでしょう?
Accommodation called "Iron Cross". There will be Iron Cross at 8km far. What is it?

DSC037074.jpg
荒廃したラバナルの村。
"Th Way of St James" by Alison Raju によれば、過疎化のため、「現在、夏季を除き、人口は、27人。しかし、以前は、重要な巡礼の宿泊場所で、ずっと大きかった。ここに三つの教会があることが、それを証明している。」
Abondoned village of Rabanal.
According to "The Way of St James" by Alison Raju, "Today the population is only 27 except in summer... but in former times it was an important halt and much larger as the presence of three churches testifies."

DSC037084.jpg
現在は、巡礼(観光)ブームで、村は随分復活しているように、見えました。
At present it looked the village surviced veru much due to boom of pilgrimage or tourism.

DSC037114.jpg
残雪の山が近づいてきました。地図によれば、「鉄の十字架」のあるところは、1,505メートルです。
The mountains with snow looked nearer. Iron Cross is 1,505m high according to my guidebook.

DSC037124.jpg
フォンセバドンの村に到着。"The Way of St James" によれば、この村も、過疎化から、「徐々に復活している。最近まで、この村は見捨てられていて、住民が二人しか、いなかった」そうです。
I arrived at village of Foncebadon. According to "The Way of St James"、 "this village, too, is very slowly beginning to come back to life. It was almost abandoned until recently (there were only two inhabitants left...)"

DSC037134.jpg
荒廃した村から残雪を望む。
Looking at snow on mountains from the abondoned village.

DSC037154.jpg
フォンセバドンのアルベルゲ・カフェの中。
私の持っている地図によれば、フォンセバドンには、4軒のアルベルゲがあります。かなり、復活してきていると考えてよいでしょう。一番上の巡礼の写真は、あちこちで見かけました。
In the cafe of albergue.
According to my guidebook there are four albergues in Foncebadon now. It came back to life again.
I saw photo on the top in many places.

DSC037144.jpg
フォンセバドンのカフェで、昼食にしました。カフェで、出会った巡礼。ドイツ人です。本当の巡礼です。
私は、サン・フランシスコのように、何も持たずに、お布施だけで、生きられるだろうかと考えました。すくなくとも、この巡礼の間だけでも・・・
I took lunch at cafe of Foncebadon.
I met him at the cafe. He is German and real pilgrim.
I thought if I could live only with donativo and withou anything at hand like San Francisco. At least during this time of pilgrimage...

DSC037174.jpg
鉄の十字架に向かって、どんどん登ってゆきます。
I continued to climb up to the Iron Cross.

DSC037184.jpg
鉄の十字架が見えてきました。すべて鉄製を想像していましたが、石の小山の上に、高い丸太が立っていて、その上に、鉄の十字架がのっていました。
うしろに、残雪の山が見えます。
I could see the Iron Cross. I imagined that Iron Cross was made all in metal but it was iron cross on a tall tree atop a huge cairn. We can see mountains with snow behind.

DSC037264.jpg
観光バスで来る観光客も大勢いました。
There were a lot of tourists by sightseeing bus.

DSC037244.jpg
1,505メートルに登頂!
この石の小山は、もともとは、巡礼が、自分の故郷から、小石を持ってきて、積んだものだそうです。
天気もよし。疲れたので、鉄の十字架の周りの小公園で、昼寝をしました。
Climbed on 1,505m high !
Traditionally pilgrims brought a stone from home to add to the pile.
The weather was fine. I was tired. I slept a little in small park next to the Iron Cross.

つづく
To be continued