カオールのヴァラントレ橋

Pont Valentre of Cahors

20th day 02.06.2014(1)
Cahors~Labastide-Marnhac

第20日目 6月2日(1)

DSC011474.jpg
カオール・ユースホステルの朝食。
昨夕食を一緒に食べたドイツ人のTMAさん。サンティアゴまで自転車でゆくサイクリストです。ナビの他に、ミシュランの百万分の一の地図を使っていました。ずっと一般道路をゆくそうです。
Breakfast at the youth hostel in Cahors.
Mr.TMA, German with whom I took dinner together last night. He is going to Saint Jacques by bike. He uses Michelin's map 1/1,000,000 besides navigator. He said he will always take normal roads.
]
DSC011464.jpg
ユースホステルのパン。

DSC011524.jpg
サンテチエンヌ大聖堂入口。
巡礼スタンプを押して貰う巡礼パスポート「クレデンシアル」の余白が少なくなりました。カオールのサンテチエンヌ大聖堂に売っているだろうと聞きました。大聖堂は開いていましたが、時間が早かったせいでしょう、売店は閉まっていました。
Entrance of Cathedral of Saint-Etienne.
Space for stamps of my Credencial was becoming less and I would like to buy another one. I have heard that it would be sold at Cathedral of Saint-Etienne. Cathedral was open but the shop was closed maybe because it was too early.

DSC011514.jpg
大聖堂内部の聖母子像。

DSC011534.jpg
観光案内所で、「クレデンシアル」を売っているだろうと思って、ガンベッタの像のある広場まで戻りました。しかし、ここには売っていませんでした。
I thought the credencial might be sold at office of tourism at the place of Gambetta and came back there. But is is not sold at the office.

02092014a.jpg
そのかわり、ヨーロッパ各地から出発する、サンティアゴ巡礼路の美しい地図があったので、家の壁に貼ろうと思って、これを買いました。これでさえも、重量が心配なので、すぐ日本に郵送しました。Les Chemins de Saint Jacques de Compostelle en Europe 1/2,750,000.
写真は、無事、日本に届いた地図。アムステルダムからの「サンジャックの道」の部分。
Instead of credencial, they had a beautiful map for the ways of Saint-Jacques which start at various cities in Europe. In order to put on the wall of my house, I bought it. And I sent it to Japan by mail in order to save weight.
The photo is the map which was surely delivered to Japan. A part of the way from Amsterdam.

DSC011584.jpg
ガンベッタ大通りからヴァラントレ橋へ行く途中にあったレストラン。このような遊び心が好きです。
Restaurant between the place of Gambetta and Pont Valentre. I like such heart of the playing.

DSC011614.jpg
ヴァラントレ橋。三つの塔を持つ要塞化された,ロット川にかかる橋です。
カオールは、ロット川の水運、ボルドーとリヨンを結ぶ要衝として、中世に栄えた商業・金融・大学都市だったそうです。サンジャック巡礼の拠点としても重要だったでしょう。予備知識なしで、カオールの町に入りましたから、一体、なぜこんな立派な町が、こんなところにあるのだろう?と不思議に思っていました。
Bridge Valentre. Fortified bridge with three towers on the Lot.
Cahors is situated between Bordeaux and Lyon and on the river Lot. It was a medieval city flourishing with commerce, finance and university. And also it might be an important city for the way of Saint-Jacques.
I visited Cahors without such knowledge. When I entered the city, I wondered why such prosperous city exists in such region.

DSC011644.jpg
橋のたもとの案内板。「ヴァラントレ橋、14世紀」。

DSC011634.jpg
橋のたもとにあった道具。Pressoirと書いてあるので、ブドウ圧搾機でしょう。
Pressoir.

DSC011654.jpg
14世紀初め、この橋をつくるときに、納期通り完成させるため、その建築家が悪魔と契約を結んだそうです。二番目の塔の上に、その悪魔の彫刻があったらしいのですが、訪れた時はそんなことを知らず、気が付きませんでした。
"The way of Saint James" by Alison Raju, Cicerone, says:
"When the bridge was first built, at the beginning of the 14th century, the master mason in charge of the work despaired ever getting it finished in time. So he did a deal with the devil who, in exchange for the mason's soul, agreed to get the construction finished." and so on.
It says also that there is sculpture of the devil on the upper side of the second tower.
When I visited the bridge, I did not know this story. And I could not notice the sculpture.

DSC011664.jpg
ヴァラントレ橋の上で。

DSC011704.jpg
対岸から見たヴァラントレ橋。

DSC011694.jpg
さて、ここからが大変です。カオールは、ロット川の谷にあります。この町に入るときは、丘から谷へ、急な坂を下ってきました。出る時は、登りになるだろうと予想はしていましたが、やっぱり出てきました。
From here, hard work! Cahors is in the valley. When I entered the city, I came down on the steep way. I imagined that there would be steep up-way when I came out of the town. As my imagination, it comes!


DSC011714.jpg
こんな階段や・・・
Such steps...

DSC011724.jpg
そのうち、こんな階段も・・・
And such steps...

DSC011734.jpg
一方、見晴しはよくなります。
On the other hand, you can have a good view.

つづく
To be continued
スポンサーサイト

カオールのヴァラントレ橋の悪魔

Devil of Pont Valentre

DSC011684.jpg
要塞化されたヴァラントレ橋(カオール)。
Pont Valentre, the fortified bridge of Cahors.

前回、カオールのヴァラントレ橋を紹介しました。その時、事前に、この橋にまつわる「悪魔」の話を知らなかったので、橋の塔の壁に、悪魔の彫刻があるのを見逃した、と述べました。
サンジャックの道で知り合った、フランス人の(女性)巡礼マリ・テさんから、その悪魔の彫刻の写真を送ってもらいました。
その悪魔の謂れが面白いので、ここに紹介しておきます。
I introduced the bridge Valentre in Cahors. In it, I mentioned that I could not notice sculpture of a devil on the wall as I did not know the story of the devil on the bridge, when I visited there.
Mrs. Marie-The, a French pilgrim, with whom I was acquainted in the way of Saint-Jacques, kindly sent me the photo of the devil on the bridge. The story is very interesting and I would like to introduce it as follows:

IMG_4063.jpg
角の石を掴んでいる悪魔。
"The way of Saint James" by Alison Raju, Cicerone によれば、次のような言い伝えがあるそうです。
14世紀初頭、この橋が最初に建造されたときのこと。この工事を請け負った石工の棟梁が、納期に間に合わせることができず、絶望していました。そこで、自分の魂と引き換えに、工事を納期通り完成させるように、悪魔と取引をしました。しかし、完成間近になって、棟梁は命がおしくなり、悪魔を、工事に必要な水を取りに、井戸にいかせました。ふるいに入れてです。悪魔は騙されたことに気が付き、戻ってきます。悪魔は、その仕返しに、中央の塔の石をひとつはずし、呪いをかけます。代わりの石を、嵌めかえても、その石が、すぐにまた、ずれ落ちるようにと。
1879年に、ヴァラントレ橋が修復されたとき、工事の請負人が、そこを見ると、まだ石がひとつ、欠けたままでした。そこで、請負人は、そこを悪魔の彫刻で飾りました。その悪魔の姿は、壁にへばりつき、石をはずそうとしますが、はずすことができないというものだそうです。
"The way of Saint James" by Alison Raju, Cicerone says as follows:
The story goes that when the bridge was first built, at the beginning of the 14th century, the master mason in charge of the work despaired of ever getting it finished in time. So he did a deal with the devil who, in exchange for the mason's soul, agreed to get the construction finished. However, when it was nearing completion, the mason, still hoping his soul, sent the devil off to a spring to fetch water for the building work - but in a sieve! Realizing that he had been tricked the devil backed out, but in revenge removed a stone from the center tower and cast a spell on it so that every time it was replaced it would dislodge itself again.
When the Pont Valentre was restored in 1879 the architect noticed that there was still a stone missing, and decided to fill the space with the sculpture of a devill clutching at the cornerstone he tries desparately, but always in vain, to extract.

なにか、騙された悪魔が可哀そうな話です。
I feel a pity for the devil tricked in this story and forever.

ラバスティード・マルンアック、ゴッホの部屋

Room of Van Goch in Labastide-Marnhac
20th day 02.06.2014(2)

第20日目 6月2日

DSC011744.jpg
途中で出会った巡礼の夫婦。カナダのケベックから来ました。リュックに、「サンジャックの道巡礼・友好ケベック協会」というワッペンを、バッチリと縫い付けています。
Pilgrims of Canadian pair from Association Quebecoise des Pelerins et Amis du Chemin de St-Jacques.

DSC011754.jpg
Les Mathieux、巡礼宿前のサンジャック像。
Statue of Saint-Jacques in front of the Gite, Les Mathieux.

DSC011774.jpg
カオールを出るとき、急な坂を登ってきました。おかげで、すっかり疲れてしまいました。さらに、このような悪路の登り坂が続きます。
I was exhausted with climbing the steep slope from Cahors. Further climbing made me more exhausted.

DSC011874.jpg
まだ10キロしか歩いていません。疲れたので、きょうはこれまでと、出てきた巡礼宿に泊まることにしました。
I walked only 10km today. Very much tires and stop here when there is a gite.

DSC011814.jpg
6人しか泊まれない、小さな宿です。
Small gite only for 6 guests.

DSC011884.jpg
私が、最後の客でした。食堂の隅のベッドが、空いていました。
どこかで、見た風景だなと思って、あたりを見渡すと・・・
I was the last guest. My bed is at the corner of kitchen/dining room.
I thought I had once seen the same scene somewhere and looked around...

DSC012004.jpg
やっぱり、ありました。これに似ていたのです。ゴッホのアルルの「ゴッホの部屋」。宿の主人は、ゴッホが、すきなのだそうです。
Here it is. It looks like this. "Van Goch's room" in Arles was hung on the wall. The owner of the gite likes Van Goch.

DSC011854.jpg
それと、セルジュ・ゲンスブールのファンだそうです。この若い主人とは、すっかり仲良くなって、あちこち案内してもらいました。
And, he likes Serge Gainsbourg. We became intimate friends immediately and he showed some places of the village.

DSC011864.jpg
宿の近くの家のドア。この石と木の質感。
Door of house near the gite. Such existence of stones and trees.

DSC011894.jpg
宿の向かいに教会があります。ちなみに、この宿の名前は、「教会の宿」です。
その前にある、第一次大戦の、この村出身戦没者慰霊碑。
There was a church in front of the gite. Name of the gite is Gite de l'Eglise.
Memorial of the dead from this village at the World War I.

DSC012084.jpg
家の壁に空いた穴。ここからブドウを地下に投げ込む(んだ?)そうです。
Hole on the wall of house. Grapes are(were?) thrown down through this hole.

DSC012064.jpg
こういう石は日本では見られないので、しばし見とれます。
We cannot see such stones. Very attractive to me.

DSC012044.jpg
懐かしのプジョー504。
Nostalgic Peugeot 504.

DSC011914.jpg
ここは、村唯一の店 Les Halles。バーに、レストラン・雑貨屋さん・郵便局・タバコ屋さんを兼ねています。
ここで、ビールを買いました。
Only one shop in the village. I bought beers here.

DSC011934.jpg
村のてっぺんにあるシャトー。宿の飼い犬、ペペットもす、っかりなついて、どこにも、ついて歩きます。
Chateau on the top of the village. Dog of the gite, Pepette, became intimate to me and always followed me to everywhere.

DSC011944.jpg
シャトーからの眺め。
View from the chateau.

DSC012034.jpg
そのうち、宿のお嬢ちゃん、LLちゃんも、学校から帰ってきました。
Little daughter of the gite, LL, came back from school.

DSC01207.jpg
私のあとからも、巡礼がきます。残念ながら、満員なので。、次の宿を目指してゆきました。
ここもサンジャックの道(GR65)になっています。白と赤のマーク。
There came a guest. Regrettably fully occupied. She further continued the way.
There is a mark of white and red for the way of Saint-Jacques(GR65).

DSC012104.jpg
夕食。私を入れて、客は6人。一番右端は、宿の主人です。さきほどのレストランに注文すれば、料理を出前してくれました。自前の食事を食べている人もいます。みなさんとは、このあと何日間か出会います。
左のご婦人の本当の名前は、知りません。私が勝手に、名前をつけました。一番左は、GHMさん、その隣のご婦人には、アルザスのクローネンブールから来た(?)というので(ビールの名前です。そんな土地があるのか不明です)、クローネンブールさんと、自分の頭の中だけで覚えていました。
Dinner. 6 guests including me. Owner of the gite on the right. The dishes could be delivered from the restaurant in the village.
I will meet these guests for the coming several days. I do not know the exact names but I remembered in my heart as Mrs.GHM on the left and Mrs.Kronenbourg in the next. The latter said she came from Alsace, and from Kronenbourg (I do not know if there is a place called Kronenbourg.)

Walked 10km today: 391km from Le Puy
Stayed at Gite de l'Eglise, Labastide-Marnhac, 20€ with breakfast

ラスカバヌで、昼食の施し

Donated lunch

21st day 03.06.2014(1)
Labastide-Marnhac~Montquc

第21日目 6月3日(1)

DSC012114.jpg
夕べ泊まった「教会の宿」では、楽しい時を過ごさせて貰いました。お礼に日本から持ってきた絵はがきをLLちゃんに差し上げました。成田空港で同じものを10枚買ってきました。富士山と新幹線の絵ハガキです。親子でたいへん喜んでくれました。父親のPTCさんから、私の写した写真を送ってほしいと頼まれていたので、帰国後e-mailで送りました。「LLちゃんはちゃんと勉強していますか?」と書いてやったら、お礼と共に、「とてもよく勉強しています」と返事がありました。巡礼がたくさんきて、忙しいとも書いてありました。
I spent a very happy time at the Gite d'Eglise yesterday. As my thanks, I presented a Japanese postcard to little LL. I bought this in 10 pieces at Tokyo(Narita) Airport. It is photo of Mt.Fuji and Bullet train. Both of Mr.PTC fahter and little LL were very glad with it.
As I was asked by him to send photos at that time, I sent them by e-mail after coming back to Japan. I wrote if LL studies well. Mr.PTC replied with thanks that LL studies very well. And he also writes that he was very busy as there were many pilgrims.

DSC012124.jpg
楽しい想い出を作ったラバスティド・マルンハックを出発します。巡礼は、常に標識の村名の下の、「白と赤」のマークを見落とさないように歩きます。
Departing at Labastide-Marnhac with beautiful memory. Pilgrim must notice the mark of white&red under the name of village.

DSC012144.jpg
なんと心のなごむ風景であることでしょうか。
Such a scenery that softens heart.

DSC012154.jpg
木立の中をゆく巡礼。

DSC012174.jpg
広大な畑。ヒマワリの苗でしょうか?

DSC012214.jpg
ラスカバヌ Lascabanes という村だったと思います。そこで、昼食を食べようと考えていました。しかし、レストランはなく、小さな売店も14:00まで閉店です。
It was at the village called Lascabanes. I intended to eat lunch there. But, no restaurant. Small shop closed until 14:00.

DSC012204.jpg
私の向かいに若い女性がたくさん休んでいました。これじゃ昼食抜きだなとぼやいていたら、親切にも差し入れがありました。おかげ様で、飢え死にせずに、サンティアゴまでたどり着くことができました。
There were many young women in front of me. I complained that I could not eat lunch today. Then, there was kind donation of lunch to me from them. Thanks for it, I could arrive at Santiage de Compostella without starving.

DSC012224.jpg
頂いた昼食。成程、そうか!と、これ以来、私も、ビスケット、ピーナッツ、ソーセージなどを常に持って歩くようにしました。
Donated lunch. Now I learn. Since this time, I used to take always biscuit, peanuts and sausage with me.

DSC012194.jpg
ラスカバヌの教会の中。第一次大戦の慰霊碑として当時の絵が描いてありました。
In the church of Lascabanes.

DSC012234.jpg
ラスカバヌの教会。歩いているのは、昨夜、同じ宿(教会の宿)に泊まった女性です。
Church of Lascabanes. The pilgrim is a woman who stayed at the same gite last night.

DSC012244.jpg
Caselle。この地方を歩いているとよく出会います。先に、この名前は分かったが、何であるかわからないと、ブログに載せました。ブログ友達のcarotteさんと、巡礼中に出会ったフランス人女性のMR-Tさんから、次のようなコメントを貰いました:
Wikipediaに載っていて、「休憩所のほかにもいろいろあって、動物(ロバ・羊など)を入れて置いたり、ハト小屋として使われていたそうです。」
Caselle. During walking, we see often this hut. In the former blog, I wrote that I knew the name but I did not know what itis. I received comments from Mrs.carotte, a friend of blog and Mrs.MRT, a French pilgrim saying that it is mentioned in Wikipedia and it is "stone hut once used as a shelter for human or animals or warehouse of tools."

DSC012294.jpg
サンジャンのチャペル。左の奥に、昨夜同じ宿に泊まった、GHMさんがいます。ここで、この方からも、ビスケットとみかんを貰いました。
Chapelle of Saint-Jean. On the left of the photo sit Mrs.GHM who stayed at the same gite last night. She also gave me biscuit and orange.


DSC012254.jpg
サンジャンのチャペルの美しいステンドグラス。サロメとバプテスマのヨハネの首。

DSC012304.jpg
サンジャンのチャペルから400メートル来たところで、モンキュまで、7.1kmの案内がでてきました。

DSC0123144.jpg
どこまでも続く巡礼路。

DSC012324.jpg
さきほど、私に昼食を分け与えてくれた若い女性たち。
Young women who donated lunch to me.

DSC012334.jpg
のどかな牧草地帯。

DSC012364.jpg
一本の木と二人の巡礼。
A tree and two pilgrims.

DSC012354.jpg
ひとりで歩く巡礼。
Pilgrim alone.

モンキュック、ここは英国?

We are in England?
21st day 03.06.2014(2)

第21日目 6月3日(2)

DSC012374.jpg
モンキュックへの道。(グーグル・マップでは、モンキュになっていますが、Wikipediaでは、モンキュックになっています。モンキュックのほうが正しそうなので、こちらを使います。)
日本出発前に、私のブログを見ている方からコメントを貰いました。モンキュの農家で働いていたことがあるそうです。農作業をしている時、畑を巡礼がよく通ったそうです。懐かしいと言っていました。モンキュのどのへんか分かりませんが、その農場はこんなところかなと思いながら歩きました。
The way to Montcuq.
Before departure from Japan, I received comments from a viewer of the blog. He once worked in a farm of Moncuq. When he worked in the field, he saw pilgrims often passing in the field. He said it was his nice memory. I do not know where it is in Montcuq and walked in the field thinking about it.

DSC012384.jpg
一旦、谷に下ったあと、小高い丘の上にモンキュックの町が出てきました。
Once going down to the valley and the town of Montcuq appeared on a hill.

教会の前に到着して、中を見物しようと思いました。すると、「ジットはあっちだ、車に乗せて行く」といって、車に乗った人が寄って来ました。ここにはジットがたくさんありますが、探すのも面倒だし、余り怪しくもなさそうな人物なので、ここへ行くことにしました。ただ、教会を見物したかったので、その旨告げると、また後から来るからと言って去ってゆきました。
I arrived in front of a church in Montcuq and was coming inside. Then, it came a car and the driver said "That way to gite. I will take you there." There were some gites in Montcuq. It was bothersome to look for gite and the man did not seem so much suspicious, I decided to stay the gite. But, I would like to see inside of the church, I told him so. He left saying he would be back later.

DSC012404.jpg
教会の中のステンドグラス。珍しく、この町の第一次大戦戦没者慰霊碑になっています。
Stained glass in the church. It was memorial of the dead of this town in the World War I.

DSC012424.jpg
教会の中の、まれな美人の像。
a rare beauty in church.

DSC012804.jpg
教会の見物を終えて、外に出ると車が待っていました。運転してきた男性が、私の顔を見て、「アキタイヌ、アキタイヌ!」と言います。「秋田犬」のことです。
When I came out of the church, the car was waiting. The driver said to me "Akitainu, Akitainu!" It was a dog from Akita Department, Japan.

DSC012434.jpg
宿は、モンマルトル通りを少し登ったところにありました。古い建物です。主(あるじ)にいつごろのものですか?と尋ねると、四、五百年まえのものだという返事が返って来ました。中は最近リフォームしたそうで、新しくなっていました。
The gite was after climbing a little on rue de Montmartre. An old house. I asked the owner how old it is. "About 400 to 500 years old." was reply. The inside was reformed recently.

DSC012784.jpg
荷物を置き、シャワーを浴びて一段落したところで、外に出ました、ブラブラ歩きながら町の見物です。
町自体が古い町です。紀元はローマ時代まで遡るそうですが、12世紀頃から発展した町でしょう。
まず、一番高い所にある塔。12世紀のものだそうです。
After I put baggages and took shower, I went out. The sightseeing.
Montcuq is very old town. According to Wikipedia, the town's foundation dates back to at least Roman times. It might be developped since 12 century.
At first, I visited the 12 century tower on the top of the hill.

DSC012464.jpg
その次に高い所にある、Saint-Hilaire教会。
Next highest is Church of Saint-Hilaire.

DSC012454.jpg
これがモンマルトル通りであったか?パリのモンマルトルと関係があるのか?または、同じようなことがここで会ったのか不明です。
It was rue de Montmartre? My memory is not clear. It is connected to the same rue in Paris? Or, was there something alike happened here? It is not known to me.

DSC012534.jpg
Saint-Hilaire教会前の広場に、ホテル・デュ・ミディがありました。よく見ると、名前の下に、1784年と刻んであります。フランス革命の5年前です。どんな歴史をもったホテルでしょうか?
There was Hotel du Midi in front of church of Saint-Hilaire. It was written as 1784. 5years before the French Revolution. What history this hotel had seen?

DSC012564.jpg
いつごろのものか、こんな井戸もありました。実用品よりも、美術品という感じがします。左のドアも、かなりの年代ものです。
There was also such old well. It seems not practical object but artistic one. The door on the left also looks very old.

DSC012574.jpg
建物か、自然か、区別がつかないほど古い。
Very old as no distinction between building or nature.

DSC012614.jpg
宿の主に、レストランはどこがいいか、訪ねました。「喫茶中央」が安くてうまい。ちょっと高いが、「喫茶フランス」もある、とのことでした。当然、安くてうまい方を選びます。
I asked the owner of the gite where is good restaurant in Montcuq. "Cafe du Central" is good and not expensive. There is also "Cafe de France" but it is more expensive. I chose good and not expensive "Cafe du Central" as a matte of course .

DSC012664.jpg
「喫茶中央」 の前に、古い井戸がありました。カフェのひとに聞くと、もし私の聞き違えでなければ、フランス革命前からあったと言うことです。
There was again old well in front of Cafe du Central. Man of the cafe explained me that it had existed before the French Revolution if I understood correctly.

DSC012694.jpg
井戸の仕掛けはこうなっています。「フランス革命の栄光に」と書いたプレートが貼ってありますが、これは後につけられたものでしょう。
Device of the well is like this. There was a plate on it "a la gloire de la revolution Francaise" . It should have been put on recently.

DSC012654.jpg
肝心の料理。こんな山の中でも、ムール貝がありました。好物なので、これにしました。昨年ののんびり旅で、リヨンで食べたのを思い出しました。
Dinner today. There was moules even in such region far from the sea. I like this. I remembered I ate the same in Lyon when I made "wandering in europe" last year.

DSC012684.jpg
カフェは、共和国広場にありました。広場をへだてた向かいに、ちょっと高い「喫茶フランス」があります。高い木(マロニエ?)の下にあって、いい雰囲気です。
The cafe was at Place de la Republique. On the opposite side of the Place, there was Cafe de France. Good atmosphere under a tall tree (le marronnier?)

DSC012644.jpg
こちらが、喫茶フランス。
「喫茶中央」にしても、「喫茶フランス」にしても、このように地元のひとが集まって、くつろげるようなカフェやバーは、日本にはないので、うらやましいですね。
This is Cafe de France.
It is envious that there are cafes or bars like these where local people gather and talk and drink, as there are little in Japan.

DSC012624.jpg
共和国広場付近は、こんな家ばかり。ナポレオンが家から出てきてもおかしくないような・・・
Around Place de la Republique, there are mainly such houses.
I will not be surprised even if Napoleon comes out of the house.

DSC012724.jpg
これはもう、崩壊寸前?!
Just before breaking down.

DSC012604.jpg
ひとつ、気になることがありました。
私が食事している最中、私のすぐ横の広場で、地元の夫婦が二組立ち話をしていました。イヌを連れています。通りかかる人とも、時々挨拶をしています。ところが、話している言葉が英語なのです。どうしても、旅行者には見えません。住民です。不思議に思って、宿に帰ってから、主(あるじ)に、そのことを尋ねました。「モンキュの住民の20%がイギリス人です。社会保障は無料ですし、ここは家の値段も安い。そういうことで、イギリス人に人気があるのです。オランダ人やドイツ人もいます。ただ、最近、その数は増加していません。」とのことでした。
そういわれてみると、この写真のカップルもイギリス人のような?
また、空き家と不動産屋が目立ちました。
I noticed very peculier thing here.
When I was eating, two pairs were talking at the Place just beside me. They had a dog. And they greeted to walkers sometimes. They talked in English. They did not seem to be tourists. They should be citizens in the twon.
I wandered what they were? When I came back to the gite, I talked about it to the owner. He replied as follow:
20% of population in this town are English. Social security is free and houses here are not expensive. Here is very popular among English. There are also Dutch and German. But, there is no increase recently.
Knowing the situation, the pair seems also English in the above photo?
Also, conspicuous were houses for sale and estate agents here.

Walked 23km today: 414km from Le Puy
Stayed at Gite et Chambre d'hote Le Solelh, 21€ with breakfast

"The way of Saint James" by Alison Raju, Cicerone によれば、このモンキュックが、ル・ピュイとサン・ジャン・ピエ・ド・ポールとの中間点だそうです。ル・ピュイから370km、サン・ジャンまで369km。もうこんなに来てしまったかという感じです。
According to "The way of Saint James" by Alison Raju, Cicerone, here is the halfway point between Le Puy and Saint-Jean-Pied-de-Port. 370km from Le Puy and 369km to Saint-Jean. I was a little astonished I had already walked such distance.