fc2ブログ

1.ヴェズレイの道

Voie de Vezelay

以下は、フランス国内を歩く、サンティアゴ巡礼の道のひとつ、「ヴェズレイの道」を、2018年に歩いた、記録です。
DSC0224718.jpg
ヴェズレイにある、ロマン・ロラン博物館より眺めた、ヴェズレイの道の出発点、ヴェズレイ大聖堂。

1801101add.jpg
Map from "The way of St James" of a Cicerone Guide by Alison Raju.
スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラへ向かう、巡礼の道のうち、フランス国内を歩く主な道が、次の通り、四本あります(上図参照)。
(上図左側から)
ツールの道(または、パリの道)
ヴェズレイの道
ルピュイの道
アルルの道

これら、四本の道が、フランス・スペイン国境のピレネー山脈麓の町、サンジャン ピエ ド ポール付近で、合流し、一本の道にまとまります。そして、そのまとまった道は、「フランス人の道(カミーノ フランセス Camino Frances)」という名前となり、スペイン北部を通って、サンティアゴ・デ・コンポステーラへと向かいます。

参考までに、私は、フランス国内のサンティアゴ巡礼の道を、次の通り、歩きました。
-2014年 「ル・ピュイ(Le Puy-en-Velay)の道」ルピュイから、サンジャン ピエドポールまでを歩き、そして、そこから、更に、サンティアゴ デ コンポステーラまで(フランス人の道)を歩きました。
-2015年 「アルル(Arles)の道」アルルから、プエンテ・ラ・レイナまで。
-2018年 「ヴェズレイ(Vezelay)の道」ヴェズレイから、サン・ジャン・ピエ・ド・ポールまで。これが、今回、歩いた道です。
-「トゥール(Tours)の道」 トゥール(または、パリ)から、サンジャン ピエドポールまで。そのうちに、歩きたいと、夢見ています。

つづく
スポンサーサイト



2.日本出発 

14.05.2018 (1) Departure from Japan

DSC0210018.jpg
2018年の航空会社は、失礼ながら、余り聞いた事のない、ポーランド航空を使ってみました。
なぜ、ポーランド航空かというと、インターネットの海外航空券フリーバードで、成田からパリ行きのフライトを検索したところ、ダイレクト便のエール・フランスのエコノミー・クラスと、ポーランド航空のプレミアム・エコノミー・クラスの料金がほぼ同じで出てきました。

DSC0210218.jpg
もともと飛行機が嫌いで、最近は特に狭い空間に閉じ込められているのが苦痛になってきました。
飛行時間の短いダイレクト便か、多少時間がかかっても、座席に余裕のあるプレミアム・エコノミーか、選択に迷う所です。乗り継いで、24時間もかかるのでは話しになりませんが、ポーランド航空の場合は、次の通り、ダイレクト便と、所要時間は、余り変わりありません。

10:15成田発-14:25ワルシャ着 飛行時間 11時間10分
乗り継ぎ時間:2時間
16:25ワルシャワ発-18:50パ着 飛行時間 2時間25分

DSC0210418.jpg
フィンランド航空ほどではありませんが、日本・ヨーロッパ間の飛行時間が短く、この点でも楽に感じられそうです。
結果的には、行き帰りとも、隣りが空席というおまけもつき、楽なフライトするでした。
帰りの便も、時間的には、ほぼ同じ具合にフライト スケジュールが組まれています。

DSC0210618.jpg
機内食の第1食。

DSC0210818.jpg
機内食の第2食。味はともかく、量は多い。

DSC0211018.jpg
ワルシャワ空港に着いて、ポーランド航空機から降りる乗客。
ここで、パリ行きのフライトに、乗り換えます。

DSC0211118.jpg
パリ空港第1ターミナルに、到着。それから、タクシー乗り場へと向かいます。

さて、いよいよ、パリに到着しました。
今回のパリの宿は、ユースホステル Jules Ferry Parisを1泊予約してあります。レピュブリック広場の近くですが、地下鉄からそこまでの道がよくわからないので、奮発して、空港からタクシーに乗りました。空港・パリ市内間タクシー料金は、一律、50ユーロと、決まっています。
特にトラブルもなく、宿に到着しました。

つづく

3.パリの宿 

14.05.2018 (2) Auberge de jeunesse HI Paris Jule Ferry

前回、述べた通り、パリの宿として、ジュール・フェリーというユースホステルを予約しました。パリ市内には、ユースホステルが三軒あります。その中で、このユースホステルを選んだのは、一番、市の中心にあること、映画で有名な、「北ホテル」の近くなので、そこをゆっくり再訪してみたかったということからです。最近、北ホテルの映画を見て、現在はレストランになっている建物とその環境を、よく見ておきたいと思いました。パリの11区にあります。ここは、行きに一泊し、帰りにも三泊予約してあるので、帰りを、そちらに当てることにします。

20180721_07094618.jpg
泊まったユースホステルの食堂の窓からの眺め。
Auberge de jeunesse HI Paris Jules Ferry
8 Boulevard Jules Ferry, 75011 Paris

巡礼で泊まる相部屋の部屋は、他の人が気にならないのですが、巡礼宿でない相部屋の場合は、気になります。就寝時間の決まりなど、相部屋でのマナーが、よく守られないのが、その理由のひとつでしょう。そのため、今回は、ドミトリー(相部屋)ではなく、個室を予約しました。一泊63€(約8,200円)、朝食付き。昨年泊まった、ムフタール街にある、Young & Happy Hostel の個室もこんなものだったと記憶しています。

つづく

4.パリ出発

15.05.2018: the 1st day (1) Paris to Asquins
5月15日 1日目(1)パリ~アスカン

「ヴェズレイの道」の出発点は、ヴェズレイです。パリから、ヴェズレイまで行くのには、次の経路が一番ポピュラーです。

・パリ・ベルシー駅から、ヴェズレイ・セルミゼル駅まで電車。所要時間約2時間半。
・そこから、徒歩(またはバス)10キロで、ヴェズレイまで。

パリのユースホステル、ジュール・フェリーから、ベルシー駅までは、数キロあります。巡礼にとって、数キロの距離を歩くのは、何でもありません。メトロという手もありますが、分かり易い道でもあり、おまけに、パリの街の散策もできます。歩いて行くことにしました。

リシャ―ル・ルノワール大通りの朝市。

ユースホステルから、次の経路で、ベルシー駅まで歩きます。
・泊まっているユースの前の、ジュール・フェリー大通り Boulevard Jules Ferry
・リシャ―ル・ルノワール大通り Boulevard Richard Lenoir
・バスティーユ広場 Place de la Bastille
・バスティーユ大通り Boulevard de Bastille
・ラぺ―河岸 Quai de la Rapee
・ベルシー大通り Boulevard de Bercy
これで、駅が出てくるはずです。

DSC0211818.jpg
リシャ―ル・ルノワール大通りには、朝市がたっていました。そこの果物屋さんです。

DSC0212118.jpg
リシャ―ル・ルノワール大通りの向こうに、バスティーユ広場に建つ記念碑が見えてきました。

DSC0212418.jpg
ここは、もともと、バスティーユ牢獄のあった場所で、その襲撃事件が、フランス革命の発端となりました。1789年7月14日のことです。牢獄そのものは解体されて、現在は残っていません。

DSC0212318.jpg
塔は、1830年の7月革命の記念碑でした。台座には、その「栄光の三日間 Trois Glorieuses」、7月27、28、29日の日付が刻まれていました。

DSC0212718.jpg
サン・マルタン運河の橋の上のホームレス。パリのホームレス。なにか羨ましい気がしないでもありません。

DSC0212918.jpg
バスティーユ大通りを歩いて行くと、セーヌ川に突き当たります。右側を見ると、ノートルダム大聖堂が見えました。(翌、2019年に、燃えてしまうとは、夢にもおもいません。)

DSC0213018.jpg
そして、ベルシー大通りの先に、パリ・ベルシー駅が見えてきました。

DSC0213118.jpg
このころ、フランス国鉄SNCFのストライキの真っ最中でした。前々日、前日はストライキの日に当たっていました。当日15日は、幸い、そのストライキから外れている日でした。そのせいか、切符売り場の前は長蛇の列。ホームも、前々日から乗れなかった乗客でしょうか、混雑していました。

つづく

5.アスカンまで

15/05.2018: the 1st day (2) To Asquins
5月15日 2日目(2)

DSC0213318.jpg
パリ・ベルシー駅から、次の電車に乗りました。
12:33 パリ・ベルシー発
15:03 セルミゼル・ヴェズレイ着
料金は、35€です。
写真は、セルミゼル・ヴェズレイ駅に着いた電車。私の他には、3人しか下車しませんでした。2014年に歩いたルピュイの道の時は、出発点のルピュイに、もっとたくさんの巡礼がいましたが、ヴェズレイの道の人気度は、それに比べると低いようです。

DSC0213518.jpg
セルミゼル・ヴェズレイ駅

DSC0213418.jpg
"Km 0,0 - A la sortie de la gare, prendre à gauche (en traversant la D 951) la D 71 jusqu’à Givry."
あとは、ガイドブックと標識に従って歩くだけです。
「0キロ地点。駅を降りたら、左折して、県道71を、ジヴリーまで。」

DSC0213818.jpg
周りは、田舎の風景です。

DSC0213918.jpg
GR(長距離遊歩道)の標識も出てきました。白と赤の標識が、それです。これは、右折の合図です。

DSC0214018.jpg
"Dans Givry, passer le pont sur le Cousin, puis la rue des Vergers à droite et la route d’Asquins pour suivre la rive droite de la Cure jusqu’à Asquins."
「ジヴリーで、クザン川にかかる橋を渡って、キュル川右岸のアスカン街道を、アスカンまで。」

DSC0214418.jpg
ジブリ―に入りました。

DSC0214518.jpg
アスカン街道の標識。

DSC0214618.jpg
サンティアゴの道の標識も出てきました。

DSC0215518.jpg
遠くの山の上に、ヴェズレイの大聖堂が見えました。

DSC0215718.jpg
大聖堂が、だんだん近づいて、見えてきました。

DSC0215818.jpg
Km 7,4 - Pont d’Asquins sur la Cure. Passer le pont et traverser la D 951 pour rentrer dans Asquins par la place sous l’Orme (église Saint-Jacques à droite, au-dessus).
キュル川にかかるアスカンの橋。
セルミゼルの駅から、アスカンまで、7キロです。ヴェズレイまでは、あと3キロあります。
ここに、キャンプ場があります。時間もおそくなったし、初日の足慣らしにもなったし、このアスカンで、テントを張ることにしました。そうすれば、明日の午前中に、ヴェズレイに着き、そのあと、町の見物、そして、ヴェズレイ泊とすれば、ちょうどいい具合です。

つづく